2021年9月3日、東京で記者会見した菅義偉首相は、自民党総裁として再選を目指さないことを表明しました。ADP - Behrouz Mehri

日本:菅義偉首相、退陣へ

AF注)フランスが伝えた日本のニュースでは、出来るだけ放送されたままに掲載しています。そのため内容がおかしいと思う場面がありますがご了承下さい。

日本政府のトップは、総選挙直前の9月29日に行われる党内投票で、保守党の党首としての再選を目指さないことになりました。彼は実際には退任するだろう。驚くべきことに、記録的な不人気にもかかわらず、今回の社内選挙では有力視されていたのです。世界第3位の経済大国である日本の首相は、パンデミックへの対応について厳しく批判されています。日本では、健康危機が始まって以来4回目となる最悪の新型コロナ感染の波を抑えることができずにいます。

東京のフレデリック・チャールズ特派員と

菅義偉首相は、「健康被害のない」オリンピックの開催に成功したことを祝った。その通りですが、衛生的なバブルの中に置かれたオリンピック村の外では、東京ではコヴィド-19、特に感染力の強いデルタ型が爆発的に増えていましたし、今もそうです。

多くの日本人は、政府がオリンピックのために自分たちの健康保障を犠牲にしていると感じています。彼らは、首相やパンデミックをコントロールできなくなった官僚への信頼を失っています。

圧倒的な公立病院

長い間、日本は他の国よりも健康危機に強い国でした。これはもう仕方のないことです。公立病院のシステムは患者の流入に圧倒され、政府は入院を最も深刻なケースに限定せざるを得なくなった。ワクチン用量の供給に問題がある。官僚はボトルネックを作らずに配布することができず、受注が滞っている。人口の3分の1強が完全に予防接種を受けています。

10月には、総選挙が行われます。戦後、ほぼ連続して政権を握っている保守党の無能さは、このままでは防げない。細分化された野党はあまりにも弱い。下馬評では、菅義偉首相がスケープゴートにされている。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!