アフリカの復興:日本の協力が始動するとき

コビド19危機の解消は、アフリカの自由貿易と経済統合の新時代を象徴している。国際協力機構(JICA)によると、成功の鍵は、アフリカ人が国際社会と連携して自ら道を切り開くことだという。

「地域の統合は大陸の将来の回復力に不可欠です」と、6月21日にヨハネスブルグで開催されたハイレベル議会で、JICA上級副社長の中村俊之は述べた。JICA、アフリカ連合開発庁(AUDA-NEPAD)、国連開発計画(UNDP)、アフリカ開発銀行(AfDB)のスピーカーは、アフリカ諸国の開発野望を中断したパンデミック後の大陸の経済統合を復活させる方法について議論した。

この会議は、8月27日と28日に開催される第8回アフリカ開発国際会議(TICAD 8)の準備の一部でした。1993年に設立されたTICADは、アフリカの成長を支援する日本の主力イニシアチブです。アフリカ連合委員会、国連、UNDP、世界銀行と提携して組織されたこの公開フォーラムは、アフリカの発展のためにアフリカ諸国、国際機関、民間企業、市民社会を結集します。

JICAが会議で発表した日本の協力は、アフリカ連合のアジェンダ2063に定められた目標を達成するために、インフラ開発と政治改革を通じてアフリカの回復を加速することを目指しています。開会の演説で、駐南アフリカ日本大使の丸山紀夫は、アフリカへの日本の投資の2つの柱「申請とパートナーシップ」を強調した。中村俊之によると、援助から財産とパートナーシップに移行するという事実は、特に民間資本や公的資本を招くことによって、大陸が市場にとって魅力的になることを可能にしました。

アフリカ、フリートレードヘビー級

議会は、2019年5月に発効したアフリカ大陸自由貿易地域(fFTAA)の実施について議論し、国際貿易を再構築すべきである。世界銀行によると、ほとんどのアフリカ連合(AU)諸国をカバーするこの協定は、13億人をつなぎ、3000万人を極度の貧困から救い出す可能性がある。

「危機後の世界では、アフリカはテーブルにその場所を持たなければならない」と、アフリカ開発銀行(AfDB)のチーフエコノミスト、ジョージ・カララックは言った。UNDPアフリカ地域事務所の戦略分析チームのディレクターであるアヨデレ・オドゥソラは、アフリカが貿易を再考する時が来たと同意した:「アフリカ諸国は生産するものを消費せず、消費するものも生産しない。私たちは本当にこのすべてについて考えなければなりません。「

メールマガジン購読

CfFTAは、加盟国の数の点で世界最大の自由貿易地域になります。その完成には、数百万ドルのインフラプロジェクトと多国間協定が行われます。

その成功は制度と政策の回復力にかかっている、とアヨデレ・オドゥソラは言った。中村俊之はこの見解を反映し、今後の道は「投資を引き付けるために生産性の向上とビジネス環境の改善」を提示しなければならないと指摘した。講演者はまた、アフリカのインフラ開発プログラム(PDIA)の下で、JICAが大陸を積極的に支援し、スタートアップや中小企業を強化する質の高いインフラストラクチャに投資することの基本的な重要性を強調しました。

通関手続きの合理化 – アフリカの繁栄の鍵

ワンストップ国境検問所(SBSO)は貿易促進の中心にあります。彼らは、通関手続きを1つの屋根の下に置くことで、国境を越えた人や物資の移動の時間とコストを削減します。アフリカでは120近くのそのようなポジションが勤務しており、そのうち14はJICAによってサポートされています。

6月21日の議会で、AUDA-NEPADはOSBPリファレンスガイドの第3版を開始しました。JICAとAUDA-NEPADが共同で作成したOSBP向けのこの運用ガイドは、アフリカでの自由貿易を促進するための貴重なリソースとなっています。

OSBPリファレンスガイド

https://www.nepad.org/publication/one-stop-border-post-sourcebook

「第3版は私たちにとって重要な時期に来ています」と、AUDA-NEPADの経済統合部門の責任者であるタオル・ニレンダ・ジェレは言いました。「より大きな市場統合が通常提供できるものと比較して、私たちはまだ規模の経済を最大限に活用していません。この文脈では、OSBPは相互接続性を強化し、地域市場の統合を深めるために不可欠です。「

TICAD 8 – アフリカの課題を解決するための統合アプローチ

今年8月のTICAD 8では、公的および民間の利害関係者は、Covid-19と世界的な財政不安定に起因するアフリカ経済の前例のない不況に対処します。発展途上大陸として、アフリカは海外市場、地政学的、健康危機の金融変動に対して特に脆弱です。

TICADは創設以来、開発プロセスにおけるアフリカの所有権の重要性を強調し、「包括的で持続可能な社会経済発展を達成する」アフリカ連合の計画であるアジェンダ2063の目標を達成するための協調的な努力を奨励してきました。

「経済統合について話すときは、健康、教育、ソーシャルネットワーク、その他の要因も考慮する必要があります。統合されたアプローチが必要です。これがTICADの基本概念だ」と中村俊之は説明した。

長年にわたり、JICAは大陸の経済、社会、平和、安定に貢献してきました。アフリカ31カ国にあるオフィスは、産業の多様化、雇用創出、イノベーションと投資の促進に努めています。JICAの主力成果には、長期計画の一環としてインフラ、制度、産業、社会開発を効果的に組み合わせることにより、北、西、東南アジアのターゲット地域の堅調で包括的な経済成長に貢献した回廊の開発が含まれます。

これらすべての活動において、JICAのアプローチは、常にアフリカの人口が自分の将来を担当できるようにすることに重点を置いてきました。TICAD 8は、国際社会とアフリカとのパートナーシップを強化するだけでなく、世界におけるアフリカの役割と影響力を強化する機会を提供します。

「TICADは本当に私たちに機会を与えてくれた」とアヨデレ・オドゥソラは言った。これは大陸で数少ないWin-Winのパートナーシップの1つです。

アフリカの回復:日本の協力はトップスタートを切る準備ができている

マダガスカルのアフリカにおける稲作開発連合(CARD)のプロジェクト。© JICA

https://www.rfi.fr/fr/contenus-partenaires/20220629-relance-en-afrique-la-coopération-japonaise-prête-à-donner-le-top-départ

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks