戦略上の大きな課題である台湾(その1)

アジアでは、おそらくどこよりも、ウクライナの運命が台湾に降りかかるかもしれないと見られているのである。もちろん、台湾は本当のウクライナではありません。後者はNATOに加盟しておらず、旧フォルモサは米国と防衛協定を結んでいないが、それでもワシントンとは複数の安全保障協定で結ばれている。アフガニスタンからの哀れな撤退、ロシアによるウクライナへの侵略の後、アメリカのジョー・バイデン大統領は、攻撃された場合、アメリカは軍事介入することさえ可能だと回想している。一方では、北京は「反乱軍の島」と語っている。一方、ワシントンは、現状を変えようとするいかなる試みにも断固として反対することを確約している。それくらい、どんな手も危険なのです。

台湾、36,000平方キロメートル、アイルランドの半分の大きさ、しかし人口は5倍、人口2350万人、世界経済力20_1D49、中国沿岸から180km東。中國」の安全保障のもろさの元凶。北京にとって、耐え難い挑戦。代替モデルとしての存在そのものが、「中国の特色ある社会主義」よりも、ほとんどの分野で成功している。そして、第一級の戦略的課題です。台湾は、米国と同盟関係にある日本とフィリピンの間の大きな海洋空間への中国のアクセスを阻む列島線の中心に位置している。

ゲストの皆さん

ヴァレリー・ニケ(Valérie Niquet):戦略研究財団の国際関係・アジア戦略問題専門家。著書に「Taïwan face à la Chine」がある。Tallandier社から出版された “Towards war?
モンテーニュ学院のアジアプログラム・ディレクター、マチュー・デュシャテル氏。 “2022年:台湾にとって戦争の年?
IFRIのアジアセンターで中国活動の責任者を務めるMarc Julienne氏。「北京:台湾の最悪かつ最良の敵」 Politique étrangère, Summer 2021.

Revue DIPLOMATIE N° 113 : “Taïwan, la menace chinoise” (タイワン、中国の脅威)。

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks