上院のフランス・台湾友好団体の会長であるアラン・リシャール氏(イラスト)。AFP

台湾:フランス上院議員団の到着

フランスの4人の上院議員の代表団は、水曜日の朝、北京が主張する人口2,300万人の自治的・民主的な群島である台湾に上陸しました。国会議員は来週の日曜日まで滞在します。この訪問は慣例となっていますが、在仏中国大使館からは強い批判を受けました。

台北のアドリアン・シモレ特派員と

台湾政府は、4人のフランス人上院議員の5日間の訪問について、「台湾とフランスの関係を新たな高みに引き上げる」ことを目的としています。元国防大臣のアラン・リシャール氏を団長とする一行は、中国の併合を明確に拒否しているために北京が苦手としている台湾の蔡英文総統と会談する予定です。

中国からの数々のプレッシャー

ただし、今週末に台北で予定されている台湾の国慶節の公式行事を避けるため、慎重な姿勢で臨みます。この訪問は、中国からの多くの圧力にもかかわらず行われています。今年の初めには、在仏中国大使館がアラン・リシャール上院議員に、訪問を再考するよう求める手紙を送ったほどだ。台湾の外務省は昨日の声明で、「議員は毅然とした態度で、中国の脅しに屈しなかった」と述べている。

このようなフランス国会議員の訪問は、40年以上前からほぼ毎年行われており、前代未聞の脅威である。上院議員の訪問は、人民軍がここ数日軍事行動を活発化させている台湾海峡において、北京が力を誇示している最中にも行われている。

「攻めの姿勢を強める」

「台湾総統は昨日、フォーリン・アフェアーズ誌のコラムで、「中国は台湾に対してますます攻撃的な姿勢をとっている」と嘆き、「台湾の崩壊は破滅的である」と述べた。このテーマは、フランスの議員との議論の中心になることは間違いありません。

[RFI]https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211006-taïwan-arrivée-d-une-délégation-sénatoriale-française
シェアしよう!