英国:10万人の公務員が来週の木曜日にストライキに入ることを投票で決定

約10万人の英国公務員が木曜日にストライキを決行し、国境管理官、運転免許試験官、職業センター職員などが含まれる可能性があります。

この投票は、国営の医療施設で働く看護師が英国で初めて採決を行った翌日に行われました。英国ではここ数ヶ月、記録的なインフレに見舞われ、労働争議も相次いでいます。ロンドンでは、今週木曜日、新たな労働争議によって地下鉄が麻痺しています。

公務員の主要な労働組合であるPCS(公共・商業サービス)は10%の賃上げを要求している。また、雇用の安定、「年金の公平性」、「解雇条件の保護」についての約束も要求しています。

組合は、政府から「実質的な提案」を受けない限り、11月18日に「持続的ストライキ」のプログラムを発表すると警告している。政府は「もはや労働者を侮蔑的に扱うことはできない」と、同労組のマーク・セルウォトカ書記長は述べた。

政府が組合員の声に耳を傾けないなら、我々は公共生活のあらゆる側面に影響を与える長期的な労働争議プログラムを開始するしかないだろう」。「公務員は、パンデミックの間、国の運営に重要な役割を進んで果たしてきたが、もう十分だ」とPCS事務総長は付け加えました。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20221110-royaume-uni-100-000-fonctionnaires-votent-pour-se-mettre-en-grève-jeudi-prochain

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks