米露:ブリンケン氏、ラブロフ氏と「率直な」議論を行ったと発言

米国の外交部長アントニー・ブリンケンは、7月29日(金)、ロシアのセルゲイ・ラブロフと「率直かつ直接的」な議論を行い、ロシアに拘束されている米国人の解放を確保するために米国の申し出を受け入れるよう促したと述べた。

アメリカの国務長官は記者会見で、「我々は率直で直接的な議論をした」と述べた。”私はクレムリンに対し、ブリットニー・グリナーとポール・ウィーランの解放を実現するために我々が提示した実質的な提案を受け入れるよう呼びかけた “と述べた。

ワシントンによると、ロシアで拘束されているバスケットボール選手のブリットニー・グリナー氏と元海兵隊員のポール・ウィラン氏の解放を確保するため、数週間前にモスクワに提案したが、解放の見返りは明かさなかったという。

米国で懲役25年の刑に服しているロシアの武器商人、ビクトール・バウトとの交換になるかもしれない。

セルゲイ・ラブロフはアントニー・ブリンケンに、囚人交換について、双方はもっと控えめな外交に戻るべきだと提案した。ロシア外務省の声明によると、「囚人交換の可能性に関して、ロシアはこの問題を専門的な方法で解決し、おおよその情報を流布するのではなく、静かな外交を行うことに戻ることを強く提案した」という。

世界はウクライナ領土の併合を「決して」認めないだろう

アントニー・ブリンケン氏は、セルゲイ・ラブロフ氏に、ロシアによるウクライナ領土の併合を世界は「決して」認めないと警告したと述べた。「世界はこのような併合を認めないだろう」と述べた。

メールマガジン購読

「ロシア側が、これは受け入れられない、受け入れられないだけでなく、ロシアに多大な追加コストが課されることになると、我々から直接聞くことが非常に重要だった」と述べた。

米国高官はまた、ロシアが「不正な住民投票」を準備し、これらのウクライナ領土に住む人々が「ロシアの一部になることを求めている」と「偽って」示そうとしている、と述べた。

ロシア外交によると、セルゲイ・ラブロフは、「アメリカとNATOの兵器がウクライナ軍と民族主義者の大隊に納入され続けており、それらは主に民間人に対して使用されており、キエフ政権の苦悩を長引かせ、紛争を長引かせて犠牲者の数を倍増している」と糾弾した。

穀物輸出について議論

Antony Blinkenはまた、モスクワがトルコの協力を得て交渉した、ウクライナの港でブロックされているウクライナ産穀物に関する合意事項を守るよう、ロシア側担当者に促した。

ロシアの外務大臣はアメリカの外務大臣に、世界の食糧事情はアメリカの制裁によって複雑になっていると述べた。

代理店と

 

https://www.rfi.fr/fr/en-bref/20220729-blinken-dit-avoir-eu-une-discussion-franche-avec-lavrov-sur-les-prisonniers-américains

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks