今日の経済 東欧経済がウクライナでの戦争でもっと苦しんでいる理由

今日の経済 東欧経済がウクライナでの戦争でもっと苦しんでいる理由 – powered by Happy Scribe

今日は、ドミニク・ボワイエの経済。ドミニクさん、こんにちは。こんにちは、アルノーです。ジョー・バイデンは今日、ウクライナに対する戦争の1周年を記念して、ポーランドのワルシャワにいます。ウクライナ、ポーランドは、バルト海や中央ヨーロッパの近隣諸国と同様に、この紛争の最前線にいる。安全保障はもちろんのこと、経済も戦争の影響によってますます悪化しています。

欧州経済、すなわち27カ国の経済は、全体として、またあらゆる困難にもかかわらず、この戦争の年をむしろうまく乗り切った。大陸の西側では景気後退の兆しが日に日に遠のいていますが、すべての加盟国に当てはまるわけではありません。新しく加盟したバルト三国や中欧諸国は、エネルギー危機とそれに伴うインフレで大きな打撃を受けている。2000年代初頭以降、平均成長率が4〜6%と伝統的に活力に満ちていた彼らの経済は、今年、減速すると予想されている。旧ソビエト圏諸国の開発資金を調達するために設立された欧州の銀行であるベアードは、この地域の大きな破綻を予想しています。平均成長率は2022年の4%から%、今年は0.6%に落ち込むと予想される。

地域にペナルティを与えるのは、主にインフレです。

そう、約15%で、2022年第4四半期にチェコとともに技術的不況に突入したハンガリーのピークが25%なのである。ラトビアはその次の国である。これらすべての国で、エネルギー価格の上昇が産業の競争力を低下させている。インフレ率抑制のために導入された金利の上昇も、企業の借入コストを上昇させている。この地域で最も先進的な国であるチェコでは、ドイツブランドの製品を多く手がける自動車産業の下請け企業が、エネルギーコストの上昇に加え、グリーン・トランスフォーメーションの観点から、今年の生産量を減らす準備を進めています。一方、ポーランドは、今年の成長率が1%と予想され、他の国よりもむしろ良く持ちこたえています。これは2000年代に比べれば低いが、それでもかなり持続可能である。さらに、ポーランドでは、隣国のチェコ共和国と同様に、労働市場が活況を呈している。ポーランドは、戦争が始まって以来、女性と子供を中心に100万人のウクライナ難民を受け入れており、この労働力を個人サービス部門の仕事に期待している。

ドミニカでも、東欧のほとんどの国で外資が激減しています。

ルーマニアだけは例外で、外資を引きつけ続けているが、それ以外の国では、これらの国のいくつかが国境を接しているウクライナやロシアに近接しているため、この近接性が投資家の意欲を減退させている。かつては外資が新興国の成長に不可欠な要素であった。たとえ労働力が安価で、ヨーロッパの中心という地理的条件が有利であったとしても、こうした投資が超高速で回復するとは、少なくとも今年は考えていない。例えば、紛争が拡大すれば標的となる可能性のある工場に資金を投じるよう、金融機関を説得するのは容易なことではありません。ロシアのカーニバルが開催される範囲に工場を建てることは、リスクを覚悟している投資家がほとんどいない。

取るのはもちろんのこと。そして戦争は長引きそうで、成長に水を差すことになりかねません。

地域から?挙げた国々はすべてEUの加盟国であり、したがってエネルギー転換を含む発展を確保するためにブルーのマナの恩恵を受けている。ポーランドやハンガリーが経験したように、政治的な理由で資金がブロックされることがあるとしても、長期的には投資家を惹きつけ続けることができるだろう。これはポジティブな点です。

この地域のために。ありがとうございました。ドミニク・バイヤール、Aujourd’hui, l’Économie、毎朝RFIで放送しています。


今週の火曜日、2月21日、ジョー・バイデンはウクライナとの戦争の1周年を記念してワルシャワにいます。ポーランドだけでなく、バルト海と中央ヨーロッパの近隣諸国も、この紛争の最前線にいます。彼らの安全と経済は苦しんでいる。

全体的に、そしてすべての期待に反して、27の経済は今年の戦争にかなりよく耐えました。不況の幽霊は日々大陸の西に移動しています。しかし、これはすべての加盟国に当てはまるわけではありません。最近のメンバーであるバルト三国と中央ヨーロッパ諸国は、エネルギー危機とそれに伴うインフレの影響を深刻に受けています。2000年代初頭からの伝統的にダイナミックな経済で、平均成長率は4〜6%で、今年は減速すると予想されています。旧ソ連圏の国家の発展に資金を提供するために設立された欧州復興開発銀行(Berd)は、大きな故障を期待しています。この地域の平均成長率は、2022年の4%から今年は0.6%に低下すると予想されています。

インフレは地域にペナルティを与える

ハンガリーでは平均15%で、1月のピークは25%です。チェコ共和国の後、2022年第4四半期に不況に陥った国。リストの次はラトビアです。これらすべての国で、エネルギー価格の上昇は業界の競争力を侵食しています。インフレを抑制するために決定された金利の上昇は、企業の借入コストも増加させました。この地域で最も先進的な国であるチェコ共和国では、ドイツのブランドで頻繁に働く自動車産業の下請け業者は、エネルギーの増加だけでなく、グリーン移行のために、生産を削減する準備をしています。

一方、ポーランドは、今年発表された1%の成長の低迷でかなりよく抵抗しています。2000年代の腕前よりもはるかに低いですが、持続可能です。さらに、ポーランドではチェコの隣人と同様に、労働市場は依然として有望です。ポーランドは、主に女性と子供である100万人のウクライナ難民を歓迎し、ヒューマンサービスにおいてこの労働力に依存しています。

ほとんどの東欧諸国で外国投資が急激に減少している

これらの国の多くが共通の国境を持っているウクライナとロシアの近さは、投資家の熱意に降り注がれています。しかし、外国投資はこれまでこれらの新興市場の成長に不可欠な要素でした。EBrdは、これらの投資の急速な回復を信じていません。労働力が安いままであり、ヨーロッパの中心にある地理的位置がかなり有利であっても、紛争が拡大した場合にターゲットになる可能性のある工場でお金を使うように金融業者を説得することは容易ではありません。ロシアの銃の範囲内に構築することは、少数の投資家が喜んで取るリスクです。ルーマニアだけが例外であり、外国資本を引き付け続けている。

戦争は、長続きする途中で、地域の成長を止めることができますか?

言及された国はすべて欧州連合のメンバーであり、その発展、とりわけエネルギー移行を確実にするためにブリュッセルの暴落の恩恵を受けています。政治的な理由で資金がブロックされることがありますが、ポーランドとハンガリーはそれを経験しましたが、最終的には投資家を引き付け続けるでしょう。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-économie/20230221-pourquoi-les-économies-d-europe-de-l-est-souffrent-davantage-de-la-guerre-en-ukraine

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1430
Enable Notifications OK No thanks