日本では、先週の日曜日に行われた立法府選挙の後、11月10日(水)が国会開会日となります。新議会の女性議員の割合は9.7%で、旧議会の女性議員の割合10%をさらに下回っています。

ブルーノ・デュバル東京特派員より

日本では、候補者リストに女性が少なくても、政党は制裁を受けません。そのため、前回の立法府選挙では、候補者の82%が男性でした。また、大臣の10人中9人は男性です。

これは、通行人の女性たちにとっては、心苦しいことですが、驚くことではありません。「ここでは、日常生活の中で、私が毎日見ていることですが、男性は女性に比べて過剰に評価されています。論理的には政治も同じですが……」と、ある女性は説明する。

日本は家父長制の社会だから、男女平等は明日のことではないだろう」と言う女性もいれば、「このように女性の地位が低いのに、政治家は一日中、性差別的な発言をしている」と言う女性もいました。そして、彼らはそれを平然と行う…」。

このような男性的な政治階級は、一部の男性を含めて不愉快である。「恥ずかしいことだし、日本が世界の男女平等ランキングで最下位に追いやられていることを正当化しているようなものだ」と通りすがりの人は言う。私の考えでは、クオータ制を導入することでしか、この状況を打開できません。

政権を握っている超保守的な政党は、男女平等に関心がありません」と、ある男性は言います。彼らに期待することは何もない。もし人々が本当に物事を変えたいと思うなら、選挙のたびに彼らに投票するのをやめて、私のように野党に投票するべきだ…」。

しかし、世論調査によると、日本国民の46%が政治におけるこのような男女の不平等に納得しています。46%、嘆いている42%よりも多い…。