セーヌ海での2024年オリンピック開会式のためのパリの練習

約60隻のボートが、史上初めて水上での試合を開始する来年のパリオリンピックの開会式のために、セーヌ川でのリハーサルに参加しました。

実際のイベントからわずか1年強で、数十隻のボートがパリの中心部を6キロメートルのルートで航行し、エッフェル塔の向かいで終わるため、月曜日の朝にすべての川の交通が停止されました。

約40のペニッシュバージは、緊急サービス、主催者、放送局のための18のボートを伴って、川のパレードでアスリートやパフォーマーを運ぶ船の役割を果たしました。

約60隻のボートがセーヌ川での川パレードの技術テストに参加した。© REUTERS/ゴンサロ・フエンテス
約60隻のボートがセーヌ川での川パレードの技術テストに参加した。© REUTERS/ゴンサロ・フエンテス

史上最大を目指す実際の式典には、約10,500人のアスリートを乗せた150隻以上のボートの小艦隊が含まれます。

オリンピック史上初めて開会式がスタジアムの外で行われます。パリの主催者は、街の中心部にスポーツをもたらすことが彼らの使命の一部であると言います。

しかし、野心的な計画にはいくつかの物流上の課題が含まれています。

「式典の撮影の新しい方法を試す必要がある」とイベントディレクターのティエリー・レブールは月曜日のリハーサルに先立ち、フランスの通信社AFPに語った。

ボートは、2024年のオリンピック開会式のリハーサルの一環として、現在火災後に再建されているノートルダム大聖堂を通り過ぎます。© Bertrand GUAY / AFP
ボートは、2024年のオリンピック開会式のリハーサルの一環として、現在火災後に再建されているノートルダム大聖堂を通り過ぎます。© Bertrand GUAY / AFP

映画の才能で知られるフランスの演劇監督トーマス・ジョリーは、イベントの振り付けを担当し、彼の計画の詳細を秘密にしています。

約60万人が開会式に直接出席する予定で、約10万人がプライムスポットのチケットを購入し、残りはセーヌ川のほとりから無料で視聴しています。

パリオリンピックは2024年7月26日から8月11日まで開催される予定です。

(AFPと)

https://www.rfi.fr/en/france/20230717-paris-practices-for-2024-olympics-opening-ceremony-on-the-seine

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1516
Enable Notifications OK No thanks