パリの国際航空ショー100周年

フランスでは、エールフランス447便が大西洋沖で墜落した事故で、いまだブラックボックスの回収や事故の原因究明が続いていますが、事故が起きたばかりで皮肉ではありますが、パリ=ル・ブールジェ国際航空宇宙ショーが6月15日から21日まで、パリ北東郊のル・ブールジェで開催されます。

100周年の今回は、1909年から1970年の歴史的な航空機30機がフランス、ヨーロッパ、アメリカから集結して実演飛行を行う予定です。このアトラクションによって、先駆者たちの初飛行からエアバスA380に至るまで、過去と現在を比較することができます。

パリ航空ショーは、実演飛行のアトラクションだけではなく、出展者の多彩な顔ぶれもまた魅力のひとつです。主催者のフランス航空宇宙工業会(GIFAS)は、240社以上が加盟する業界団体で航空機やヘリコプターをはじめ、エンジン、ロケット、ミサイル、宇宙船、射場設備、装備、防衛・安全保障の電子システムなど、あらゆる航空宇宙計画の研究、開発、製造、販売、整備に関連する大手企業から中小企業までが出展します。

一般来場者数約15万人が集まるこの航空産業界最古のビッグイベント、今年は100周年特別企画として、フランス空軍の曲技飛行隊「パトルイユ・ド・フランス」が華麗なアクロバット飛行を披露する予定もあります。ですが、エールフランスの墜落事故が起きたばかり。イベントの内容に変化が出ないか気になるところです。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  3. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  4. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  5. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  6. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  7. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
ページ上部へ戻る