ワクチン約8000万回分が無駄になる?

新型インフルエンザの世界的流行はヨーロッパではひと段落したものと考えられており、フランスではワクチンが相当量余るのではないかと騒ぎになっている。

フランス政府が注文した新型インフルエンザは全部で9400万回分だ。現在国内では500万人近くが接種し、1000万回分はWHOに譲渡されている。残りの約8000万回分が余ってしまうという計算になるのだが、保存期間は1,2年が限度だ。

下火になったと思える流行も、また数ヵ月後にぶり返す可能性はあるとはいえ、感染者が増加していることでワクチン接種者も減少すると考えられる。そのため、この8000万回分は無駄だったのではないかと野党が非難の声をあげているわけだ。

そもそも、なぜこんなに大量に発注されたのか。注文当時のWHOは、1人2回接種を推奨していた。ところが途中で推奨回数が1人1回に変更。このことが過剰発注の主な原因と考えられる。

もちろん、流行が落ち着いた今だからこそ、過剰発注が無駄だったと非難されるわけだが、当時はワクチン不足を懸念する声も大きかったはず。足りなかったら足りないで、これまた大問題なのだから、この8000万回分は安心料と考えるしかないだろう。

今後、流行がどのような動きを見せるのかは誰も予測はつかないが、ともかく、世界中が振り回される問題であることは変わらないようだ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  2. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  3. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  4. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  5. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial