新型インフルエンザ、学級閉鎖相次ぐ

新学期に入り、フランスでも新型インフルエンザの感染が拡大している。フランスの海外県では、呼吸不全を患っていた28歳の女性が感染により死亡している。

子どもたちへの感染拡大も広まっており、フランス南西部や北部での学級閉鎖、託児所閉鎖が発生している。予防対策が功を奏しているのか、子どもたちに重症患者はまだ出ていないようだ。

スペインでは生後6ヶ月から17歳までの若年層数百名に対してワクチンの試験的接種を始めるという。

日本では一歳未満の乳幼児へのワクチン接種が優先される見込みが出ているが、小さすぎる子にとってワクチンの効果がどのくらい発揮されるかは未知数だ。季節性のインフルエンザワクチンでも乳幼児には効果がまちまちと言われている。ただでさえ、新しいワクチンだけに、力を発揮してくれるよう祈るしかなさそうだ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  2. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  3. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial