新型インフルエンザ、学級閉鎖相次ぐ

新学期に入り、フランスでも新型インフルエンザの感染が拡大している。フランスの海外県では、呼吸不全を患っていた28歳の女性が感染により死亡している。

子どもたちへの感染拡大も広まっており、フランス南西部や北部での学級閉鎖、託児所閉鎖が発生している。予防対策が功を奏しているのか、子どもたちに重症患者はまだ出ていないようだ。

スペインでは生後6ヶ月から17歳までの若年層数百名に対してワクチンの試験的接種を始めるという。

日本では一歳未満の乳幼児へのワクチン接種が優先される見込みが出ているが、小さすぎる子にとってワクチンの効果がどのくらい発揮されるかは未知数だ。季節性のインフルエンザワクチンでも乳幼児には効果がまちまちと言われている。ただでさえ、新しいワクチンだけに、力を発揮してくれるよう祈るしかなさそうだ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  2. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  3. 7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  4. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  5. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  6. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  7. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
ページ上部へ戻る