新型インフルエンザ、西欧で下火傾向

WHOによると西ヨーロッパにおける新型インフルエンザの流行は下火傾向にあるが、フランスでは依然として流行がおさまる気配はない。原因として考えられるのが、寒波による急激な気温の低下と乾燥した空気だ。

フランスは12月に入り寒波におそわれており、例年よりマイナス5度近くの平均気温を記録している。通常より暖かかった秋とはうってかわっての大寒波だ。

とはいえ、この寒波を乗り越える頃にはフランスでも新型インフルエンザの流行はおさまると専門家もみている。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-8-13

    フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  2. 2018-6-2

    フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

    今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流1…
  3. 2009-8-26

    フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  4. 2010-7-2

    フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  5. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  6. 2007-8-9

    バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  7. 2007-6-7

    日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
ページ上部へ戻る