世界各国で新型インフルエンザの感染が急激に広がっているが、フランスはイルドフランス地方の人口10万人のうち450人が感染したという。

感染拡大にともない混乱しているのは病院での診察状況だ。高熱が出れば誰もが新型インフルエンザの恐れを懸念し救急医療に駆け込む。そのため、新型インフルエンザで診察を受ける人は55%も増え、医師の仕事が80%増加。これに対して病院側も「高熱が出ただけでは心配要らない、大部分のケースは自然治癒すると考えられる」とコメントしている。

まずは近隣のかかりつけ医で受診を。これは日本でも同じ方針だが、インフルエンザの簡易検査の精度が高くない今、救急医療に駆け込む人が減らないのは仕方ないことだろう。

ヨーロッパでもワクチン接種が始まっているが、副作用を懸念して接種を躊躇する人も多いという。医師も温かくしてゆっくり休めば治る、と言っているあたり日本よりスタンスがのんびりしているように思うが、お国柄だろうか。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  2. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  3. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  4. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  5. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  6. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  7. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
ページ上部へ戻る