世界各国で新型インフルエンザの感染が急激に広がっているが、フランスはイルドフランス地方の人口10万人のうち450人が感染したという。

感染拡大にともない混乱しているのは病院での診察状況だ。高熱が出れば誰もが新型インフルエンザの恐れを懸念し救急医療に駆け込む。そのため、新型インフルエンザで診察を受ける人は55%も増え、医師の仕事が80%増加。これに対して病院側も「高熱が出ただけでは心配要らない、大部分のケースは自然治癒すると考えられる」とコメントしている。

まずは近隣のかかりつけ医で受診を。これは日本でも同じ方針だが、インフルエンザの簡易検査の精度が高くない今、救急医療に駆け込む人が減らないのは仕方ないことだろう。

ヨーロッパでもワクチン接種が始まっているが、副作用を懸念して接種を躊躇する人も多いという。医師も温かくしてゆっくり休めば治る、と言っているあたり日本よりスタンスがのんびりしているように思うが、お国柄だろうか。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  2. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  4. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  5. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  6. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
ページ上部へ戻る