人工知能:ウェブの巨人間の競争が激化している

人工知能をめぐるガファム(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)間の競争が激化している。Amazonは9月25日、ChatGPTと競合するチャットボットであるClaudeを開発したアメリカの企業であるAnthropicに40億ドルを投資すると発表した。

マイクロソフト、メタ、グーグル、Nvidiaの後、アマゾンは急成長しているセクターである人工知能の分野で次のレベルへの一歩を踏み出しています。

Googleパートナーの1つであるAnthropic社は、2年前に元Open AIの従業員によって設立されました。したがって、Amazonは、世界最大のクラウド企業であるAmazon Web Serviceのチップを利用できるようにすることで、Anthropicの少数株式を取得します。

したがって、AmazonのウェブサービスのユーザーがアクセスできるClaudeの新しいモデル、Anthropicのチャットボットの開発との戦略的パートナーシップ。

いわゆる「生成的」人工知能、つまり学習データから新しいコンテンツを生成することができることは、貪欲さを助長すると言わざるを得ありません。インターネットの巨人であるガファムは、この分野の新興企業に多額の投資をしています。最近、Amazonは仮想アシスタントAlexaに人工知能が搭載されることを発表しました。AIをBing検索エンジンに統合しようとしているMicrosoftも同様です。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20230925-intelligence-artificielle-la-concurrence-entre-les-géants-du-web-s-intensifie

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1695
Enable Notifications OK No thanks