木星の氷の衛星の研究におけるフランスの重要な部分

木星氷の月探検家、またはJUICEと呼ばれる欧州宇宙機関の野心的なミッションは、4月14日にフランス領ギアナから打ち上げられました。その主な目的は、木星とその3つの氷の衛星、ガニメデ、エウロパ、カリストを研究することです。

JUICE宇宙船に搭載されている機器の1つは、Moons and Jupiter Imaging SpectrometerまたはMAJISと呼ばれています。パリ近郊のオルセーに拠点を置く空間物理学研究所(IAS)で開発されました。

「MAJISの主な目的は、3つの木星衛星の表面の限界をマッピングし、木星の大気を特徴付けることです」と、MAJISの主任研究者であるIASのフランソワ・プーレはRFIに語った。

主任研究者(PI)とは、通常、科学、通常は実験室研究、または臨床試験における助成金プロジェクトの主任研究者を指します。このフレーズは、「研究室の責任者」または「研究グループリーダー」の同義語としてもよく使用されます。

「目標は、これらの表面に有機物が存在する場合、氷、鉱物、有機物などのさまざまな種類の種を検出することです」と彼は言いました。

楽器について言えば、プーレはチームがそれを構築するのに10年以上かかったと言いました。

「極低温機器として非常に困難であり、非常に寒い温度で動作しなければなりません。そのため、この機器の熱バランスを制御する必要がありました。特に赤外線検出器のために、特定のラジエーターを使用して最大90ケルビン(摂氏-183度)まで冷却しました」と彼は言いました。

彼は、木星の環境における強烈な放射線も考慮に入れなければならないと付け加えた。

「また、放射線に敏感なすべての電子機器といくつかの光学素子を保護する必要があった」と彼は言った。

10個の楽器を運ぶジュースは、2031年に木星の軌道に入ります。ミッションは2035年9月に終了する予定です。

https://www.rfi.fr/en/science-and-technology/20230521-from-the-lab-french-contribution-to-esa-s-jupiter-mission

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1694
Enable Notifications OK No thanks