ジャマイカのキングストンで問題の深海底の採掘

海の重要なシーケンスは、国際海底局(AIFM)の本部であるジャマイカで7月10日月曜日にオープンします。国連機関の理事会は、この慣行がますます多くの反対者に会ったとしても、公海での採掘を管理する規則を考慮しなければならない。

テキスト:シモン・ロゼ

それは鉱業にとって古いファンタジーです:深海を展望することです。それまでは、実装するにはあまりにも技術的に複雑で、技術はその後進歩し、食欲が鋭くなりました:「私たちはコバルト、ニッケル、マンガンについて話しています」と、Ifremerの物理資源および海底生態系部門のディレクターであるJean-Marc Danielは説明します。 エネルギー移行時に多くの出口を見つけることができる非常に多くの金属鉱石:「私たちが電化について話すときこれは、一部のプレイヤーが市場の進化を予測する方法です。たとえば、このリソースには、単一の州であるコンゴ民主共和国への大きな依存もあります。したがって、多くの民間俳優は、このテーマに自分自身を位置づけており、拡大効果の恩恵を受けています。

深海、まだ未知の生態系

しかし、海底の採掘は多くの批判の対象です。特に深海はまだ知られておらず、ほとんど研究されていない生態系であるため、その環境と生物多様性の影響は重い可能性が高い。バッテリーを製造するためにこれらの新しい金属埋蔵量を持つ必要があるという議論については、科学界に打ち負かされています。例えば、欧州科学アカデミーのグループは、このテーマに関する報告書を発表し、コバルトの需要が高いバッテリーメーカーは、リサイクルの解決策に向かっていることが望ましい、あるいは技術開発を通じてそれなしでやっていたと指摘している。「海底採掘が気候目標を達成するために不可欠であるという議論は誤解を招く」と、グループの環境ディレクターであるマイケル・ノートンは書いている。

法的枠組みを見つける

この文脈で、国際海底機関の評議会は質問で開きます:この採掘は今年開始できますか?それは確かに可能性です。この国連機関に固有の規制上の理由から、ナウル州が支援するカナダの会社The Metals Company(TMC)による搾取申請は、この慣行を規制していないにもかかわらず、すぐに受け入れられる可能性があります。「しかし、法的枠組みや強固な科学的データがなければ搾取はすぐには始まらないという十分に幅広いコンセンサスがある」と、持続可能な海洋同盟のアンネ・ソフィー・ルーは和らめている。「長期的にはもっと複雑になるだろう。現在、スタートアップに反対している国では、まだある時点で私のものに行きたいと思う人もいます。これは、例えば、ベルギーとオランダの場合です:「理事会では、彼らはすぐに搾取が始まるのを防ぐことになりますが、彼らの経済的利益のために、彼らはいつか採掘しに行きたいと思っています。」

したがって、長期的な問題があり、キングストンでも対処されますが、理事会に続いて開始されるAIFM総会で対処されます。その167の加盟国(および欧州連合)が集まり、この文脈で初めてこのテーマを議論できるようになります。その後、世界第2位の海洋大国であるフランスを含む国のグループは、実践のモラトリアムを設定し、その期間を含むその条件を議論するためのテキストを提案します。その後、長い国際交渉プロセスが始まり、その投票は2024年から2025年まで成功しません。

対戦相手のためのタイムトライアルレース

したがって、深海採掘の反対者にとって、その結果を警告することで可能な限り開始を遅らせることを目的として、始まる一種のタイムトライアルレースです。「ますます多くの民間俳優が興味を失っているのを見るので、それは興味深いです」とグリーンピースのルイーザ・カッソンは指摘する。「例えば、何十年もこの分野に興味を持っていたロッキード・マーティンの撤退があります。The Metals Company(TMC)のすべての株式を売却した海事事業のグローバルプレーヤーであるMaerksもあります。彼女によると、少なくともそのプロモーターがそれを与えたい未来のセクターのイメージを緩和するもの。「私たちはTMC株の非常に低価格でそれを見ています。これは投資家の信頼が低い兆候です」と彼女は言います。

この交渉シーケンスは7月28日に終了しますが、主題は定期的にテーブルに戻る可能性があります。確かに、TMCは、その支援州であるナウルを経由して、秋にAIFMに営業ライセンスを正式に要求する可能性が高い。答えは、7月の今月にキングストンで行われる選択に依存します。

https://www.rfi.fr/fr/science/20230710-l-exploitation-minière-des-grands-fonds-marins-en-question-à-kingston

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks