最後のアポロ計画から50年、米国は月へ帰還する

フロリダ州ケープカナベラルでは、アルテミス計画の最初のメガロケットが月曜日に離陸する予定である。今回の初飛行は有人飛行ではありませんが、アメリカは2025年に月に宇宙飛行士を送り込むことを目標としています。そして、今度はそこにとどまること。しかし、超大型ロケットの打ち上げは、相次ぐ技術的な問題で延期される可能性が高い。

ケープカナベラルの特派員、David Thomsonと。

ケネディ宇宙センターでは、月に向けて飛び立とうとするSLSロケットが発射台39Bに誇らしげに立っていて、盛り上がっています。天候や技術的な問題が許せば、2時間程度の打ち上げを予定しています。一方、何十万人ものアメリカ人が、月への打ち上げを見逃すまいと、キャンピングカーやバーベキュー、折りたたみ椅子を持って道端に集まってきた。

NASAが作ったロケットの中で最も強力なロケットです。その98メートルの頂点に立つのが、欧州宇宙機関が一部を製作したオリオンカプセル。フランス人エンジニアのフィリップ・ベルテは、この11年間をこれに捧げてきた。「オリオンは、月の軌道を周回して宇宙飛行士を運ぶために作られた乗り物で、月の周りに作られるゲートウェイと呼ばれる宇宙ステーションに行くことができる4人の宇宙飛行士を運ぶことができます」と彼は説明します。

伝説のアポロ計画から50年、その野望はもはや月面を歩くことだけでなく、月面に留まることでもある。月は地球のもう一つの大陸と考えなければならない」とフィリップ・ベルテは言う。これまで地表に限られていた人間活動のフィールドを広げようというのです。月の軌道上や地表に人が住むこと。

月への想い

このアルテミスIのミッションには、まだ人間は登場しない。2年後に4人の宇宙飛行士を月周辺に送る「アルテミスII」に向けて、42日間の試験飛行を行うものです。フランスのスター、トマ・ペスケが候補になるのは明らかだ。”今起きていることが例外的なことであることは、誰もが理解している。月へ行く、あれから50年、今日は違う方法で行くんだ。落ち着いて、長く滞在し、ただ旗を立てるだけでなく、基地を作り、永続的な存在を確保するのです。だから、本当にすごい冒険になるんだ」と、現地でRFIに打ち明けた。

宇宙で活躍する女性たち

6回の宇宙ミッションを経験したシャノン・ワッツは、人生のほぼ1年間を宇宙で過ごしたことになる。57歳にしてNASAで最も経験豊富な宇宙飛行士の一人である彼女は、アルテミスミッションについて尋ねると、「とてもエキサイティングです!」と顔を輝かせた。宇宙へ人を送り出すことは常に素晴らしいことですが、全人類の代表を宇宙へ送り出すことができれば、さらに素晴らしいことになるでしょう。[初めて月面を歩いた時、私は4歳でした。この地に戻ることは、私の幼いころからの夢でした。

メールマガジン購読

しかし、1969年から1972年までのアポロ計画では、月に人を送ったのは全部で12人でした。50年後の宇宙は、より女性らしくなっています。2025年、アルテミスは初めて女性を月に送り込むことを目指しています。”とても象徴的なことですが、それだけではありません。若い女の子に、何ができるかを教えてくれるのです。将来どうなるかというモデルを与えることが重要です」とシャノン・ワッツは付け加える。

アルテミス」というミッション名は、1969年から1972年にかけて12人しか月面を歩かなかった「アポロ計画」にちなんでいます。アルテミスは、ギリシャ神話に登場するアポロンの双子の妹で、月に関係する女神である。

https://www.rfi.fr/fr/amériques/20220828-cinquante-ans-après-la-dernière-mission-apollo-les-états-unis-retournent-vers-la-lune

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 821
Enable Notifications OK No thanks