フランスプレスレビュー 2022-08-30

世界的な不況に向けて

「アメリカ、ヨーロッパ、中国:世界的な不況に警戒する」とル・モンドは叫ぶ。「ヨーロッパのガスショック、米国の金利の急激な上昇、無限のロックダウン、中国の深刻な不動産危機…世界経済の主要な原動力は1つずつ失速している」と、夕方の新聞、あるいは赤字になったと指摘している。(…)経済学者の間で心配なコンセンサスが浮上しています:ユーロ圏は年末までに不況になります。米国はそれを避けることができるかもしれませんが、深刻なブレーキから逃れることはできません。四半世紀の世界経済の原動力である中国に関しては、その成長はそれほど不安定ではありませんでした。これには、おそらくすでに不況にある英国、ウクライナでの戦争によって大きな打撃を受けた中央ヨーロッパ、または深刻な危機を経験している多数の新興国を追加する必要があります:レバノン、スリランカ、破産近くのパキスタン、トルコは疾走インフレ(80%)によって一掃されました。」

ザポリージャ:福島のシナリオ?

もう一つの懸念と少なくとも:ウクライナのザポリージャ原子力発電所は爆撃によって危険にさらされています.「毎日の爆撃、ロシア人が占領する発電所のウクライナの従業員は恐怖に陥り、疲れ果て、発電機を供給する問題:ザポリジアのサイトは危篤状態にある」と解放は警告する。

「私たちは毎日、福島のようなシナリオにもう少し近づいています」と、彼の同僚の多くが好きで、災害シナリオを阻止するために敵の兵士によって監督された仕事に行き続けている工場の従業員は冷たく言います。ザポリージャはヨーロッパ最大の原子力発電所であるため、解放を思い出し、アントニオ・グテーレス国連事務総長が今月初めに発行した警告を冷たく完璧に示しています。「人類は原子絶滅の計算に誤りがあるだけです。例えば、ひどく確立された脅迫戦術の計算エラーである可能性があります。」

そして、解放は尋ねました:「ロシア人は、この原子力発電所で何をしているのかを本当に知っていますか?彼らがそれをコントロールしてから5ヶ月が経ち、融和を待つのにうんざりしている国際原子力機関は、今後数日間でドアを越えようとします。(…)それ以前は、ヨーロッパの平和のための重要な使命」。

右側に!

ル・フィガロの一面:「フランスはますます右側にある」。「ちょうど行われた選挙年は、フランスでは抗議投票が今や過半数の現象であることを確認している」とル・フィガロは指摘する。これは、最新のフォンダポル研究によって明らかにされ、4月から6月の間に実施された大規模な調査で、それぞれ3,000人以上を集めた3つのサンプルのうちにまとめられています。(…) RNに利益をもたらす抗議投票。»

そして、より広義には、新聞は「フォナポルは、右翼の投票は大統領選挙の第1ラウンドで投じられた投票の53%を占めているという結論に達した。この数字は、マクロンの有権者が権利の価値を共有していることを考慮して57.7%に達しています。ル・フィガロからのコメント:「国家元首が右に統治することを決定しなければならない場合、それは議会の構成がそれを必要とするだけでなく、何よりもそれを選出した人々が望むからです」。

メールマガジン購読

パリ:バイカーはヘルメットをかぶる…

最後に、パリの二輪車用の無料駐車場の終わり…もちろん電動二輪車。「イダルゴはスクーターの捜索を開始する」とル・パリジャンはフロントページで言う。「木曜日から、ガソリンで走る二輪車の運転手は、首都の路上に駐車するために1時間あたり2〜3ユーロを支払わなければならない。汚染や騒音と戦うために設計された措置ですが、それは関係者にはうまくいきません。»

実際、その結果、ル・パリジャンは「マシンが必ずしも最も騒がしくなかったり、最も遅いわけではなく、最も裕福なバイカーにすぎない」と指摘しています。それを買う余裕がある人だけに通りを開く目に見えない通行料のように。ジェントリフィケーションへの後押し…」

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220830-à-la-une-vers-une-récession-mondiale

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks