フランス人宇宙飛行士Thomas Pesquetが宇宙ステーションから破壊的な気候変動を語る

現在、国際宇宙ステーションのコマンダーを務めるトーマス・ペスケ氏は、エマニュエル・マクロン大統領との対話の中で、宇宙から見た地球の気候変動の被害を報告し、「悲しい光景だ」と述べました。

地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)で2回目の任務に就いているトーマス・ペスケは、ビデオリンクでマクロン大統領に、人間の活動による破壊的な影響が、400キロ離れた場所からでも目に見えるようになってきていることを伝えました。

「大統領閣下、残念ながらその通りです」とペスケは言いました。「宇宙ステーションの窓からは、地球のもろさがはっきりと見えます。「人間の活動、河川の汚染、大気の汚染によるダメージを目の当たりにしています」。

また、宇宙ステーションの宇宙飛行士は、「カナダのように地域全体が燃えているのを見た。カリフォルニア州が煙に覆われているのを見て、肉眼で炎を見ました」。

また、ギリシャやフランス南部でも同じような被害が見られたとし、「繰り返される熱帯性暴風雨の悲しい光景」と説明しました。

マクロン大統領から、2016年のペスケの最初のミッションから状況が変わったかどうかを聞かれた宇宙飛行士は、次のように答えました。”そうですね、気象現象は驚くべき速さで加速しています。”

メールマガジン購読

“私たちは、公約とその実施をもっともっとスピードアップしなければなりません。それがCOP26の目的です」と、マクロン大統領は、現在開催中の国連主催の気候会議に言及しました。

欧州宇宙機関(ESA)の宇宙飛行士であるペスケは、最初のISS滞在から5年が経過し、2回目の半年間のISS滞在を経て、近日中に地球に帰還する予定である。

(with AFP)

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/france/20211105-french-astronaut-thomas-pesquet-describes-devastating-climate-change-from-space-station

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 823
Enable Notifications OK No thanks