フランス映画界の伝説的存在、ブリジット・バルドーがレユニオン島民に対する人種差別発言で罰金を科される

フランスの映画界の伝説的存在であるブリジット・バルドー(Brigitte Bardot, 87)は、2019年にレユニオン(La Reunion)の住民を「野蛮人」と表現した手紙について、レユニオンの裁判所から2万ユーロ(約220万円)の罰金を科せられた。

2019年3月、自分の名前を冠した財団を作り、動物の保護に取り組んでいるブリジット・バルドーは、レユニオン島の住人による動物の虐待と見なしたことに対して、当時のレユニオン島の警察署長であるアマウリ・ド・サンカンタンに公開書簡を送りました。

この動物愛護運動家は、「原住民はその野蛮な遺伝子を維持している」と書き、動物に対する島民の扱いを攻撃し、島民を「退化した野蛮人」と表現しました。

また、島のヒンドゥー教徒であるタミル人がヤギを生け贄にしていることを取り上げ、「過去数世紀のカニバリズム」を連想させながら、「野蛮な先祖代々の伝統に未だに浸っている堕落した人々」を非難しています。

これを受けて、議員のJean-Hugues Ratenon (France Unbowed Party)、複数のフランス反人種差別団体、ヒンドゥー教の宗教団体などが元女優を告訴しました。

また、フランスのアニック・ジラルダン海外領土大臣(当時)は、バルドーの発言を受けて、「人種差別は意見ではなく、犯罪である」と手紙で伝えました。

後にバルドーは謝罪し、島の動物たちの「悲劇的な運命」を考慮して自分の怒りを正当化しました。

また、彼女のスポークスマンであるBruno Jacquelin氏は、彼女の要請に応じて複数のメディアに声明文を送付したとして、木曜日にサン・ドニ・ドゥ・ラ・レユニオンの裁判所から4,000ユーロの罰金を科せられました。

 
AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/france/20211105-french-screen-legend-brigitte-bardot-fined-for-racial-slurs-against-reunion-islanders