フランスの電力会社が原子力発電所の冷却システムに深い亀裂を発見

フランスのエネルギーグループEDFは、海峡沿岸の原子力発電所の冷却パイプに大きな亀裂があったと報告しました。これは、エネルギー部門を悩ませる最新の事件であり、すでにロシアの天然ガスの利用不能を補うのに苦労しています。

電力会社は、過去1年間、老朽化した原子炉のメンテナンス問題に悩まされています。問題により、EDFはチェックと緊急修理のために12以上の施設を閉鎖することを余儀なくされました。

グループは先月、過去12ヶ月間にオフラインになった16基の原子炉の1つであるフランス北部のPenly 1工場の緊急冷却システムに関する最新の「深刻な腐食問題」を報告しました。

火曜日にフランスのメディアで報道されるまで、その報道はほとんど気づかれなかった。

亀裂の長さは15.5cm、深さは最大2.3cmで、厚さ2.7cmのパイプの円周の約4分の1を覆っている、とフランスの原子力安全局(ASN)は火曜日遅くに述べた。

2021年12月、フランス、ブロワ近郊のサン・ローラン・ヌアン原子力発電所。 2021年12月、フランス、ブロワ近郊のサン・ローラン・ヌアン原子力発電所。© RFI/Jan van der Made
2021年12月、フランス、ブロワ近郊のサン・ローラン・ヌアン原子力発電所。
2021年12月、フランス、ブロワ近郊のサン・ローラン・ヌアン原子力発電所。© RFI/Jan van der Made

規制当局は、債務を抱えた国有電力会社やフランスのエネルギー生産能力に大きな財政的影響をもたらす可能性のある腐食問題に直面して、EDFに「戦略の改訂」を命じた。

かつてヨーロッパの主要な電力輸出国であったこの国は、通常、エネルギー需要の約70%を供給する原子力部門の問題のために、冬の間ドイツや他の近隣諸国から電力を輸入する必要がありました。

規制当局は、緊急時にのみ原子炉を冷却するように設計されたパイプシステム上の位置を考えると、ペンリーの亀裂は環境や人命に差し迫った危険をもたらさないと述べた。

「新しいのは亀裂の深さだ」と、ASNの顧問である原子力安全専門家のイヴ・マリニャックは、フランスの報道機関AFPに語った。

EDFの債務は2022年に645億ユーロに急増し、損失は合計179億ユーロに達した。

https://www.rfi.fr/en/france/20230309-french-electricity-company-discovers-deep-crack-in-nuclear-plant-cooling-system

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1525
Enable Notifications OK No thanks