ニュースの言葉 女性、女性、フェミニズム

[ja] les_mots_de_l_actu_20230308.mp3 – powered by Happy Scribe

文化省のフランス語代表団から一言。イヴァン・ハマル 本日3月8日 女性の日と呼ばれる日 正確には国際女性の権利の日です この時、他の時期よりも、女性の状態、不平等な待遇、不平等な給与の問題、抑圧、暴力などの問題に関心を持つことを期待しましょう 我々は女性の日、女性の日のことを話しているのでしょうか?私たちはウィメンズ・デーやウィメンズ・デイについて話しているのでしょうか?単数形は、女性があまり逸脱してはいけない一つの役割しか認めないような誘惑に駆られるので、先験的に複数形を支持します。このため、専業主婦、穏やかで慎み深い女性、永遠の女性など、ほとんどの場合、男性の想像力や習慣によって決定される役割を担ってしまうのです。しかし、女性について語るなら、条件や状況の多様性を認識しやすくなる。しかも、フェミニスト組織は間違ってはいない。私たちは、女性運動、女性出版、そして英語でもWomen’s Libと話します。Womenは複数形である。

歴史について一言。この国際デーはどこから来たのでしょうか。記憶されているのは1つの記念日ではなく、その歴史は少し複雑です。1910年にコペンハーゲンで初めてこのような日を作ろうという呼びかけがあったようです。しかし、実際には3月8日ではなく、社会主義者の女性会議で、20世紀初頭のフェミニストの中心人物であるクララ・ゼトキンが、このような日を支持する発言をしたのだそうです。1857年3月8日にアメリカで起こった女性繊維労働者のストライキが警察によって鎮圧されたことを想起させるようです。しかし、結局のところ、この記憶にはかなりの争いがある。1917年2月23日、ペテルブルグの女性労働者がパンと男性の戦線復帰を要求して街頭に出た日を、レーニンが非常に若いソビエト連邦で記念日として制定したことも覚えている。まあ、2月23日は3月8日ではない。とはいえ、19世紀初頭は、まさにフェミニズムが生まれた時代です。フェミニズムはもっと古い言葉で、1834年、1835年頃に自由主義者のフルニエが作ったらしいが、それが展開されるのは1960年代以降である。

例えば、suffragettesは20世紀初頭に流行した言葉ですが、この言葉が生まれた時代の影響を強く受けていることがわかります。これは、第一次世界大戦前のイギリスで、女性の選挙権を要求した活動家を指す英語の言い回しである。しかし、この言葉は皮肉であることが多く、今日では20世紀初頭のこの時代を思い出すときにしか使われないので注意しましょう。


3月8日:国際女性デーです。しかし、私たちは時々「女性の権利」と読みます。女性、それとも女性?法律か権利か?単数形と複数形どちらを使用するかによって、まったく同じことを話しません。彼のトランスクリプトと一緒に、このクロニクルでイヴァン・アマールの説明を聞いてください。

ニュースの言葉、文化省のフランス語代表団と。イヴァン・アマール..

今日3月8日、いわゆる女性の日、正確には国際女性デーです。今年の残りの期間よりも、うまくいけば、女性の状態、不平等な扱いの問題、不平等な賃金、抑圧の問題、暴力などについて懸念されます。

では、私たちは女性の日について話しているのですか、それとも女性の日について話しているのですか?先験的に、私たちはむしろ複数形を支持します。単数形なので、女性があまり逸脱してはならない役割を1つだけ認識したくなります。そして、それは簡単に主婦、甘くて控えめな女性、永遠の女性性などを与えます。ほとんどの場合、男性の想像力、男性の習慣によって決定される役割。女性について話すと、状況や状況の多様性を認識する可能性が高くなります。さらに、フェミニスト組織は間違っていなかった。私たちは女性運動、女性版について話しています。そして、英語でも、私たちは女性の自由について話します:女性は複数形です。

歴史の言葉:この国際デーはどこから来たのですか?まあ、それは私たちが覚えている1日の記念ではありません。しかし、最後に、物語は少し複雑です。そのような日の最初の需要は1910年にコペンハーゲンで生まれたようです。しかし、実際には3月8日ではありませんでした。20世紀初頭のフェミニズムの偉大な人物であるクララ・ゼドキンがそのような日に賛成して発言したのは、社会主義女性の会議中でした。1857年3月8日に警察に抑圧されたアメリカの繊維労働者によるストライキを覚えているようです。しかし、最後に、この記憶は完全に議論されています。また、レーニンは、非常に若いソビエト連邦で、ピーターズバーグの労働者がパンと男性の前線への復帰を要求するために街頭に出るのを見た1917年2月23日を記念して日を制定したことも覚えています。しかし、最後に、2月23日は3月8日ではありません。そうは言っても、20世紀初頭はフェミニズムが崩壊している時期です。フェミニズム:これは古い言葉で、明らかに1834-35年頃にリバタリアン・フーリエによって作成された。しかし、それが展開したのは1960年代からでした。だから、もちろん、正確な同義語ではなく、いくつかの同義語がありますが、例えば、サフラジェットを考えることができます。20世紀初頭に流行していた言葉で、それが生まれたこの時期に非常に顕著に残っています。それは英語の層であり、第一次世界大戦前のイギリスで女性に投票する権利を主張した活動家を指します。しかし、注意してください、それは非常にしばしば皮肉であり、今日では20世紀初頭のこの時代を思い出すことによってのみ使用されます。

トランスクリプション

Le mot de l’actualité, avec la Délégation à la langue française du ministère de la Culture. Yvan Amar..

8 mars aujourd’hui, ce qu’on appelle la Journée des femmes, pour être précis, la Journée internationale des droits des femmes ; où, plus que le reste de l’année, espérons-le, on va se préoccuper de la condition des femmes, des problèmes d’inégalité de traitement, d’inégalité de salaire, problèmes d’oppression, de violences, etc.

Alors est ce qu’on parle de la Journée de la femme ou de la Journée des femmes? A priori, on va plutôt favoriser le pluriel ; parce que le singulier, il est tenté de ne reconnaître aux femmes qu’un seul rôle dont elles ne devraient pas trop s’écarter. Et ça donne facilement la femme au foyer, la femme douce et modeste, l’éternel féminin, etc. Un rôle qui, la plupart du temps, est dicté par un imaginaire masculin, par des habitudes masculines. Alors que si l’on parle des femmes, on a plus de chance de reconnaître la multiplicité des conditions et des situations. D’ailleurs, les organisations féministes ne s’y sont pas trompés. On parle du mouvement des femmes, des éditions des femmes. Et même en anglais, on parle du Women’s Lib : Women est au pluriel.

Un mot d’histoire : d’où nous vient cette journée internationale ? Eh bien, ce n’est pas une commémoration unique d’un seul jour dont on se souvient. Mais enfin, l’histoire est un peu complexe. Il semble que la première revendication en faveur d’une telle journée se soit fait jour en 1910 à Copenhague. Mais ce n’était pas vraiment le 8 mars. C’était lors d’un congrès de femmes socialistes où Clara Zedkin, grande figure du féminisme du début du XXᵉ siècle, s’était prononcée en faveur d’une telle journée. On semble se souvenir alors d’une grève des travailleuses du textile en Amérique, réprimée par la police le 8 mars 1857. Mais enfin, ce souvenir est tout à fait contesté. On se rappelle aussi que Lénine, dans la toute jeune Union soviétique, aurait institué une journée en souvenir du 23 février 1917, qui vit les ouvrières de Pétersbourg descendre dans la rue pour réclamer du pain et le retour des hommes au front. Mais enfin, le 23 février, ce n’est pas le 8 mars. Cela dit, le début du XXᵉ siècle, c’est bien cette époque où éclôt le féminisme. Féminisme : voilà un mot qui est plus ancien, créé semble-t-il par le libertaire Fourier vers 1834-35. Mais c’est à partir des années 1960 qu’il se déploie. Alors, on a quelques synonymes, pas des synonymes exacts, évidemment, mais on peut penser par exemple aux suffragettes. Un mot qui a été à la mode au début du XXᵉ siècle, qui reste très marqué d’ailleurs par cette époque qui l’a vu naître. C’est un calque de l’anglais et il désigne les militantes qui réclamaient le droit de vote pour les femmes, dans l’Angleterre d’avant la Première Guerre mondiale. Mais attention, il est très souvent ironique, et aujourd’hui on ne l’emploie plus qu’en se rappelant cette période du début du XXᵉ siècle.

https://francaisfacile.rfi.fr/fr/podcasts/les-mots-de-l-actualité/20230308-femme-femmes-féminisme

Antenne France
Antenne France
記事本文: 888
Enable Notifications OK No thanks