水素漏れで遅れたNASAの月へのアルテミスミッション

月曜日の水素漏れと「亀裂」により、NASAは次世代のアルテミスムーンロケットの打ち上げを延期せざるを得なかった。

このニュースは、技術者が繰り返し停止し、約100万ガロンの超冷たい水素と酸素で、宇宙発射システム(SLS)として知られる機関の最も強力なロケットに燃料を供給し始めた後に来ました。

フロリダのケネディ宇宙センター沖の雷雨は、2つのリークが発見される前にすでに給油を1時間遅らせていた。

伝えられるところによると、最初のものは、春のドレスリハーサル中に浸透を見たのと同じ場所に現れ、2回目の漏れがバルブに現れました。

新しいローンチウィンドウ

6週間のミッションの一環として月の周りをスイングして戻るという無人カプセルオリオンの打ち上げは、早ければ金曜日に行われます。

NASAのエンジニアは、最終決定を下す前に、まだモデリングデータを分析していた。

アルテミスプロジェクトは、50年前にアポロ計画が終了して以来初めて宇宙飛行士を地球の衛星に戻すというNASAの探求の主要なマイルストーンである月の周りを周回する乗組員カプセルを置くことを目指しています。

メールマガジン購読

古代ギリシャ神話のアポロの双子の妹だった女神にちなんで名付けられたこのプログラムは、50年間の休止の後、2025年までに宇宙飛行士を月に戻すことを望んでいます。

また、人間を火星に送るさらに野心的な将来の航海の足がかりとして、長期的な月面コロニーを確立しようとしています。

https://www.rfi.fr/en/international/20220829-nasa-s-artemis-mission-to-the-moon-delayed-by-hydrogen-leak

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks