米国、フランス、50カ国以上が無料のインターネットに取り組んでいます

4月28日、米国と他の55カ国は、安全で自由なインターネットを確保するための共同イニシアチブを開始しました。「インターネットの未来宣言」と呼ばれるこの憲章の署名により、バイデン政権は明日のウェブがどうあるべきかという共通のビジョンを中心に、できるだけ多くの国を結集したいと考えています。

「インターネットの未来宣言」には20以上の「原則」が含まれています。この憲章では、署名者は、とりわけ、インターネットへのアクセスを閉鎖しないことに同意することにより、オンライン民主主義を強化することを約束します。イギリス、フランス、ドイツ、日本、ケニア、ウクライナを含む60以上の参加国は、市民を違法にスパイするためにアルゴリズムを使用しないこと、選挙に影響を与える偽情報キャンペーンを実施しないことを約束します。

 

ロシアと中国は指摘した

このイニシアチブは、デジタル情報へのアクセスが制限されている主要な権威主義的権力の心配な台頭に対するカウンターウェイトになることを目的としています。賭け金は高い、とホワイトハウスは説明する。それは、特に中国とロシアによって示されている「成長するデジタル権威主義」を拒否する問題であるため。ジョー・バイデンのチームは、この憲章の開発に数ヶ月間取り組んでいた。

2月24日のウクライナ侵攻以来、「ロシアは国内外で偽情報を積極的に推進し、インターネット上の情報源を検閲し、正当なサイトをブロックまたは閉鎖し、ウクライナのインターネットインフラを物理的に攻撃してきた」とバイデン政権高官はジャーナリストに語った。

しかし、ワシントンがでっち上げた新しい憲章はすでに限界を示しています。拘束力がなく、インド、インドネシア、ブラジルなどの国は署名していません。無料のインターネットのアメリカの擁護者は、特にジョー・バイデンがドナルド・トランプ大統領の下で行われた決定を再考し、ネット中立性を終わらせることを期待している。大統領はこれに専念した。しかし、連邦通信委員会での彼の任命は上院ではまだブロックされています。

https://www.rfi.fr/fr/amériques/20220429-les-états-unis-la-france-et-plus-de-50-pays-s-engagent-pour-un-internet-libre