なぜ今、月へ戻りたいのか?

技術的な問題で2回延期された後、アルテミス計画の初飛行は2022年9月27日に行われる可能性があります。今回の無人飛行の目的は、史上最強のロケットである「スペース・ローンチ・システム」の試験です。これは、おそらく2025年に数人の宇宙飛行士を月に送る前の最初のステップです。なぜ今、地球の衛星に戻るのか?RFI社の科学部門のジャーナリスト、サイモン・ロゼ氏に話を聞いた。

今回の「Témoins d’actu」では、シモン・ロゼが、「Artemis」計画はアポロ計画のようにいくつかの段階を経て実施されると説明します。アルテミスは人間抜きで、ダミーを乗せて離陸する。「これは人類が作った最も強力なロケットなので、男性も女性も乗せるつもりはないんです。クルーを派遣する前に、すべてが正しく機能することを確認したいのです。

この第2段階は2024年に行われるが、「アルテミス2号はまだテストミッションです」とサイモンは続ける。クルーは乗りますが、月に着陸するのではなく、月を周回することになります。人類が再び月に降り立つには、「アルテミス3」を待たねばならない。

ケネディ大統領が打ち上げたアポロ計画は、何よりもロシア人より先に月面に降り立ちたいという政治的な思惑があった。アルテミスの場合、「まだ少し残っているとしても、今回、中国に関して忘れてはならないのは、サステイナブルという言葉です」とシモン・ロゼは説明する。長期的には月面に定住することが目的です。アポロはビバークみたいなもので、宇宙飛行士は全部持って行ったんです。今、長期的にやりたいことは、月面基地を設置することです。実験を行うだけでなく、火星に行く可能性のある準備もできるようになります。

アポロが完全にアメリカのプログラムであったのに対し、アルテミスは欧州宇宙機関を含むいくつかの国際的なパートナーとのパートナーシップで成り立っています。”ESAはオリオンカプセルのサービスモジュールを提供します。ESAは、月へ向かう宇宙飛行士に酸素、推進力、電力を供給するオリオンカプセルのサービスモジュールを提供しています。

再び月面に降り立った最初の人間は誰なのか?”まだ名前はわからないが、NASAはすでに女性と男性、どちらもアメリカ人にすると決めている。ヨーロッパの宇宙飛行士については、2028年か2029年まで待つ必要があります。

ニール・アスムトロンとバズ・オルドリンのアポロ11号ミッションから50年以上経っているのだ。アポロはあっという間でしたね。宇宙飛行士はブリキ缶で飛行し、現在も安全対策は全く変わっていない。また、ISSによる地球低軌道での活動も進んでいます。

メールマガジン購読

アルテミス』は歴史的な作品になるし、今回は現代の手段ですべてカラーで見ることができるのだから、正直言って、これ以上のことができなかったら、私は本当に驚くだろう。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/t%C3%A9moins-d-actu/20220915-pourquoi-veut-on-absolument-retourner-sur-la-lune-maintenant

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks