人工知能は教師に取って代わるだろうか?

子供たちに複雑な概念を説明したり、物語やプレス記事を書いたりすることは、人工知能の多くの資産を説明しています。

長年にわたって開発されたこの技術的進歩は、オンラインアプリケーションと検索エンジンを置き換えることを目的としています。しかし、教えるのはどうですか?本当の会話と完璧な文章を持つことができ、最も有名な人工知能の1つであるChatGPTは、最終的に学校に入学する可能性があります。しかし、教育は情報の単純な伝達をはるかに超えています。なぜなら、人工知能を訓練することができれば、自然知能を育成しなければならないからです。では、人工知能を教育に統合する方法は?そして、技術の進歩は私たちの知識を標準化しますか?

– ヴィンセント・セスペデス、哲学者、エッセイスト、プロンが出版した「世界は不明確で、知性の未来」の著者。

– Laurence Devilliers、人間と機械の相互作用の専門家、パリ・ソルボンヌ大学のコンピュータサイエンスの教授、CNRSのデジタル科学の学際的研究所の研究者。

こんにちは、ご近所の皆様。人工知能が教師に代わる日は来るのか?なんでも答えてくれる最新の会話ロボット、chatGPTに聞いてみてください。数秒で、人間に近い語彙を持ち、スペルミスのない、次の課題で20点満点を取るのに十分な、超文章化されたテキストを与えてくれます。当然ながら、ChatGPTは、この「カンニング」ツールを非難する教師の間で論争を巻き起こすことを止めませんでした。私たちはもちろん、ChatGPTに質問をしました。あなたにとって、それは不正行為なのか、それとも不正行為ではないのでしょうか?

人工知能である私は、あなたが情報を探したり質問に答えたりするのを助けるツールです。しかし、宿題を完成させるために私の答えを使うことは、その答えがあなた自身のオリジナルであると主張する場合、不正行為とみなされます。私の答えを理解せずに使用すると、自分で取り組んだ場合よりも多くのことを学べない可能性があります。

猫さん、どうもありがとうございます。おならをしたら、いい先生みたいにしゃべるんだ。細かいことだが、彼はまだしゃべらない。ディレクターのロマン・デュブラックが音声発生装置を使い、その後、女性を撮影して、彼の書いた答えを聞いています。では、知能ロボットの使用を禁止するべきか、逆に学生に上手に使えるように教えるべきか。今朝のRFIでは、まだロボットではない2人のゲストを迎えて議論しています。ローレンス・デ・ヴィラーズさん、こんにちは。ローレンスさん、こんにちは。あなたはソルボンヌ大学のコンピュータサイエンスの教授で、CNRSの学際的なデジタルサイエンス研究所の研究者でもあり、オブザーバトワールから出版されたLes robots émotionnels(感情的なロボット)を書かれていますね。ちょっとお聞きしたいのですが、秋以降、高等教育において、この有名なGPTやJPETIのチャットに関する論争が起こっているのですが、このことを理解していらっしゃいますか?

はい、それは理解しています。教育にとって非常に重要な結果をもたらす新しいツールで、誰もがそのことを話題にし、誰もが知っています。これほど強力なAIツールを手にしたのは初めてのことです。そして、これらのシステムが犯す間違いや、その能力を見ることができるのも初めてのことです。だからこそ、学校はそれを受け止めなければならないのです。

もちろんです。T そして、今日の話題を少し。Vincent Cespedesさんもご一緒です。こんにちはこんにちは、ローレンス。哲学者、エッセイストで、Plomb社から出版されたLe monde est flou, l’avenir des intelligences(世界はぼやけている、知性の未来)の著者です。最近、新聞『Humanité』に「Chat.Gpt.Learn to ride the beast(獣に乗ることを学べ)」という記事を掲載しました。野獣とはAIのことです。獣、馬のことです。あなたのコラムはそれについてです。飼いならされること。

飼い慣らされること、乗られること、それはつまり、私たちがそれに対処し、私たち自身を訓練しなければならない、ということなのです。そして実際、人工知能が挑戦しているのは、私たちが人工知能とコミュニケーションをとり、最悪の事態を避けつつ、最高のものを引き出す能力なのです。これは非常に、非常に、非常に複雑なことなのです。いずれ分かることでしょう。

説明書であろうとなかろうと。それから、もちろん、私たちの話を聞いている皆さんは、どう思いますか?学校での人工知能が心配ですか、それとももっと学校で教えるべきだと思いますか?教師、親、生徒の皆さん、もちろん、33 7 64 45 51 41まで、皆さんの証言をお待ちしています。さあ、どうぞ。

そして、まず始めに、カメルーンのヤウンデから書き込んでくれたイランからのWhatsAppでの隣人からの最初のメッセージを読みます。AIがいつか教師に取って代わると主張されていますが、私はこれは間違っていると思います。第一に人間が作り出し、人間に依存しているからであり、第二に、教えるために必要な共感などの感情を感じることができないからです。感情を持つか持たないか、この有名なロボットについては、また後ほどお話ししましょう。Jamena Otschadeから私たちに手紙をくれたTheodoreは、「AIは教師の代わりにはなれない、生徒への理解、自発性、各個人のニーズや権威への適応が欠けている。要するに、これはもうリスナーがかなり反応し始めていて、もちろん皆さんも続けていらっしゃいます。まずはローレンス・ドゥ・ヴィレールさんから。誰もがチャドGPTを知っているわけではありません。このGPTキャット、カリフォルニアのスタートアップが開発し、マイクロソフトのサービスに統合されたインテリジェントなロボットについて、少し説明した方がいいかもしれませんね。すべてです。この会話型ロボットが特に恐いのか、それとも知能がないのか?

これは正しい質問です。このシステムは何なのか?私たちのデータから何を取り込んでいるのか?この点で、私たちはヨーロッパで、これらのシステムがより透明であることをますます要求するようになるでしょう。なぜなら、今のところ、この不透明さの中で、私たちは「複雑」という言葉を耳にするからです。実際、「複雑だからわからないよ」と言うことの裏には、それだけ大きな誘惑があるのです。私はこのアプローチには全く反対で、その背後にあるコンセプトは理解できるので、中身を二言で説明しようと思います。それは、大規模な言語モデルの構築、すなわち私たちと同じようにテキストを生成することができる技術である。に近い。

とにかく人間が、です。に近い。

トレース、それは構築された人間の痕跡に基づいているからです。この機械は、1750億のパラメータを持つ、非常に大きな数値空間における単語の表現に少し働きかける、統計をとる機械で、何十億ものデータを飲み込んでいます。しかし、レゴの原理は、文章から単語を取り出し、この単語を予測しようとするもので、文脈のつながりを学習することを意味します。それが機械の知能です。機械は自分が何を言っているのか理解していませんし、演繹的な論理、帰納法も持っていません。

数学では、数学の練習問題を解くこと。第1章からじゃないんだ 全部じゃないんだ

実際、彼女はインターネットではない、2021年に制限を設けてカプセル化された彼女のデータベースから、ある一定の概念を取り出し、言葉の連続によって、ある種の構文に近い知識を得ている。彼女はとてもよくしゃべる。完璧な語彙力、語彙力の大きな可能性。毎年ではないですが、悪くはありません。しかし、意味的にはそうではありません。そして、もう一つの大きな技術的貢献は、このモデルを、私たちが行う様々なことに適応できる対話システムでカプセル化したことです。人間が質問をして、それに答えるという形で構築し、システムが思い通りに答えられるように訓練したのです。以上です。それだけです。そして、報酬によって、ある一定の数の報酬をシステムに発行し、システムがその答えを適応させるというわけです。そこには何の感情もありません。意識もないし、意図もない。

では、感情はないのですか?

感情がまったくないのです。ただし、日常の言葉の中に、感情の痕跡があることはある。そして、マシンは統計的にこのシーケンスに遭遇した場合、あなたの質問に答えない。それはプロンプトと呼ばれるシーケンスを継続します。あなたが質問すると、マシンは言葉の並びを考慮し、可能性のある並びを探します。そして、この対話入力があり、さらに、いくつかの連続した答えを取り、あなたが前に言ったことの記憶、それは非常に限られていますが、存在します、それは、あなたが誰かと話しているような錯覚を与えることができます。錯覚です。でも、率直に言って、「メアリーのお母さんには3人の子供がいます」と機械に聞けば、「3人の子供」と答えるでしょう。バルタザールに心臓を当てると機械は “ガスパール “と答えるでしょう。なぜなら、その迷走の中で、賢者の継承があるからです。しかし、マリアの母が3人の子供を持つとき、3人目がマリアであることを理解しないでしょう。わかるか?だから理解するのはそしてそれはどこにでもあるのです。

私たちはこの直感の能力、まず身体を使って子供のように学習する能力を持っていますが、機械は絶対に持っていません。それは酔っぱらいのことです。機械は多くのことを行うことができます。そのために、面白いアシスタントを雇うつもりです。しかし、彼女の言うことを額面通りに受け取ってはいけない。彼女は非常に教授的な話し方で多くの間違いを犯すからだ。間違いない。

なし。

彼女の言うことは間違いなく、誤解もあるが、時折、私たちの興味を引くようなことも言う。

それゆえ、批判的な思考を持つ必要があり、チャオ・チェペテ、ヴィンセント・セスペデスという超人的な哲学者が言うことをコピー&ペーストするのではなく、あなたもすでにこの獣と対話をしているのでしょう。哲学的な観点から変わっていくのか?良い思想家なのか、そうでないのか。

彼は、いわゆる哲学的な正しさにはかなり長けていると思うんです。彼は間違いを犯すことがありますから、すべてをチェックしなければならないのは確かです。でも、哲学のバカロレアの最終問題のような問題を出すと、率直に言って、彼の出すものはかなり有効です。哲学は教育の流れ、批判的判断というのを想像してしまうので、なんとも言えないし、別のものを期待してしまうんですね。中学の最終学年にこの哲学がある、批判的思考を開くことができる、という話があります。バカロレアテストを見ると、実はそうではないことがわかります。むしろ、私が長い間批判してきたような、形式的で修辞的な試験なのです。そして実際、カウンター哲学の議論に加え、セネカ、カント、スピノザを引用することができる、カウンターがやらないような議論をするために、私たちはそれを見ています。

カウンターフィロソフィではありません。

そう、それなんだけど、あまり高尚な学問的哲学でもないんだよね。彼は優秀だ。彼は優秀です。彼は怒りについて話すことができます。セネカで「怒り」と言えば、彼は一段落させてくれます。彼はリストを作ることができます。彼はリストを出すのがとても上手なんです。このテーマを扱っている哲学者を10人挙げてください」と言えば、その哲学者のリストをくれます。それについてエッセイを書くのです。そうではありません。

スマートではない。

これは知識です。今言われたことを修飾して、少し議論できるようにしたいと思います。機械の側ではなく、それを使う人間の側にも、もちろん意識はありません。動揺することもあれば、目がくらむことも、驚くこともある。そして、機械には感情がないけれど、私たちは機械に誘われるようにできている、ということを理解することがとても大切なのです。10年前に公開されたスパイク・ジョーンズの映画『Her』を待つまでもなく、近未来の2025年、ある人間がスカーレット・ヨハンソンの声に恋をする、確かにそうですが、彼女のコンピュータ処理に恋をしてしまうのです。コンピュータ、AIが人間を誘惑するのです。しかし、私たちはすでに誘惑されているのです。ChatGPTがまぶしいとすれば、それはウィキペディアを100倍持っていて、関連することを思いつくことができるからということではありません。それはまた、私たちを眩惑し、私たちは機械に騙されるようにできているからであり、それ故に、本当の教育の重要性を、私たちは話すのです。私がパソコンを触り始めたのは、10歳の頃だったと記憶しています。

私は、コンピューターサイエンスを最初に教えた学校のひとつで、スピノザのコースは運命的なものでした。そのとき私は、自分の指の下に未来があることを実感し、圧倒されました。アップルDEだけでしたから、それほど遠くには行きませんでしたが、それが未来であることはわかっていたのです。私たちは、自分の感情をすべて機械にぶつけるように作られています。そのため、機械を擬人化する能力と罠があるのです。つまり、2つの目と鼻と口を簡単に与えてしまうということです。このように、ルアーはその一部であり、ぼかしはインタラクションの中心的なデータの一部なのです。

人間・機械。曖昧さを跳ね返しています 教師にとって本当に頭の痛い問題で 私たちも理解することができます。コンピュータの考え方をどう教えるかについては、後でお話しすることにして、おそらくもっと良い方法があるはずです。しかし、そこでの、先生方にとってのモヤモヤは、特に、有名な宿題のことです。生徒が自宅で人工知能を使い、翌日、スペルミスがないことを承知で先生に課題を提出した場合、どうすればいいのでしょうか。それは、少しは・・・。まだ疑惑を投げかけることができます。しかし、結局のところ、成績評価システムに疑問を投げかけることになります。

宿題ですね。はい、評価、確かに、挑戦します。でも、面白いんですよ。とてもおもしろいと思います。それは、実は、心を揺さぶられないこの種のシステムの援助と言うことです。おもちゃを前にした子供のような不思議さを求めてはいないからです。私たちは、フェイクニュースの生産という、操作の大きな力に直面しているのです。

工作からフェイクニュース制作へ?そうです、操作からです。

もちろんです。だから感情がある。操られるためには、やはり騙されなければならない。そして、騙されるためには、やはり、そうでなければなりません。

驚いてください。私たちは皆、自分の認知バイアスを知っていますが、それは私たちが怠惰であるためです。私たちは対象を見ようとはしません。私たちは、行って見るだけです。そして、花を咲かせ、直接的に反応しようとします。そして、すべてのコンピュータ・ツールが、私たちが非常に素早く行動できるよう後押ししてくれます。リツイートし、イエスかノーか、何でもいいのです。今、私たちには考える時間がないのです。哲学者の方に失礼します。私はそうではありません。

そうでないことは言わないでください。騙されることは肯定的なことではありません。機械に騙されると言っても、イッパイイッパイとは言いません。ヤル気もない、すごいね。

だから、どのDTCもとにかくフェイクニュースを出すんです。

いや、幻覚が出る。彼はそれがフェイクニュースであることを知らない。コントロールが効かないため。しかし、この背後には検閲が置かれており、ここでも皆に注意を喚起する必要があります。つまり、実際、これらのシステムはあまりうまく機能しないので、エッジを滑らかにするために会話するシステムでカプセル化し、無意味なことを話さないようにすることが義務付けられています。誰がそれを決めるのですか?それを決めるのは、OpenAIという会社です。なぜもっとオープンでないのでしょうか?マイクロソフトでもいい。

Openaiは、カリフォルニアのスタートアップ企業です。

という点ではそれで、これらのシステムが、明日、イスラム教について話す権利はないが、カトリックやイエズス会については話すことができるとしたら、これは耐え難い差別ではないか、と自分自身に言い聞かせることが重要です。つまり、言葉や述べていることからランダムな生成の力が働き、さらにそれが一部に適応してしまうということに直面するわけです。そして、その機械を鍛え上げた「ある者」とは誰なのでしょうか。機械を訓練した一握りの人たち、エンジニアと言いますが、結局はこのシステムを作ったのは私たちであり、それを使っているのは何百万人という人たちなのです。この背後には、すでに意思の大衆化のようなものがあるのです。したがって、こうした検閲には明らかに倫理的な問題があり、外部の委員会がこうしたシステムを監査できるようにすることが重要なのです。

それはあなたの未来にある。リスナーからの反応は上々で、33 7 64 45 51 41に電話をかけてきてくれています。こちらはボマから電話しているテイラーです。コンゴ民主共和国にあります。こんにちは、テイラーさん。こんにちは今朝はRFIにお付き合いいただきありがとうございます。教えてください、人工知能、チャットLGBTは、あなたの国、ボマでは、学校で議論されているのですか、されていないのですか?はい、そうです。

人々が従う、人々がこれを使う、しばしば試験の添削に、通常、共和国からすべてがオンラインであれば、例えば国家試験を添削するとき、コンピュータシステムを使って生徒の論文を添削します。しかし一般的には、プログラムを組んでデータを入力し、添削するのは人間である。機械がそれ自体で動くわけではないんです。という感じなんです。

そうなんですね。で、学校ではどんなコンピュータツールを使っているんですか?テイラーさん、先生じゃないですよね?

いや、CMPは持っているんですけど、ティーチングも含めて。一般的にはコンピュータを使うだけですが、ピュイ、何をするかにもよりますね。工学部の学生は、AutoCAD、Solid、Waxなどのソフトウェア、DSNを使います。それ次第です。コンピュータのオプションもやっている人は、独自のソフトウェアを持っています。エクセル、ワックス、CMP、などです。

はい、その通りです。BeaumarとBelle Journéeからの証言、Taylorさん、どうもありがとうございました。また、コンゴ共和国のブラザビルからWhatsAppに書き込んでくれたデシさんからのメッセージもあります。「ここでは、インターネットを手に入れるのは難しく、まだ高価です。誰もが携帯電話を持てるわけでもない。人工知能やJPTのチャットが学校で避けられるなんて、想像もつかない。人工知能によって、恵まれた国々と私たちとの格差が広がるのではないか。それも本末転倒ですね、ヴィンセント・セスペデスさん。

そう、これはアクセスの根本的な問題なのです。インターネットではすでに、ごく簡単に、フランスでさえも問われているアクセスの問題です。アフリカに行く必要はないのです。フランスでも、インターネットはネットで、不平等があります。これは非常に重要な問題です。たまたまベニスの思想家、哲学者であるポーリン・J・ウトゥンジがいます。ポーリン・J・ウトゥンジは、教育とはどうあるべきかを説いています。彼は、植民地化との関係で、解放することが必要だと言っています。教育とは解放のための行為である。彼は、「私たちは自分自身を解放しなければならないが、何よりも、教育が社会的不平等を永続させないようにしなければならないと言うのです」と、興味深いことを言っています。彼はこのことに非常に重点を置いています。このように言っている人は他にもたくさんいます。そして、フランスに限って言えば、このことに心を動かされた政治家が、聴衆を震え上がらせるような表現で登場しているのです。学校分離があります。これは、ブノワ・ハモンや他の人たちの表現だと思います。私たちはすでに差異を持っているのです。社会的不平等が、まったく異なるタイプの教育を生み出しているのです。

学校そのものに

共和国の。私は教師だった頃 哲学で5年間教えていました 繊細な地域、ZEP、要するに不利な郊外にあるすべてのティクテージで ソーシャルミックスが非常に、非常に、非常にダメージを受けていると言えます ソーシャルミックスに取り組むことは 学校にとって計り知れない進歩のレバーであることは よく分かっています。ですから、このようなリスクがあるのです。確かに、このようなリスクはあります。

Chatgptは、その今のところ無料のままですがそれは長い間そのように滞在するつもりはありません。はい、そうです。今のところ、私たちは

同意見です。今のところですが、システムの他の選手との競争もあります。

学校で使うマイクロソフトも出てくると思うので、見てみてください。楽しくなりそうです。

私がこのことに興味を持ったのは、まさに、隔離、分離の危険性があり、同時に、空白を埋めるということです。ぜひ考えてみてください。フランス語の構文に精通していない個人。スペルをうまく使いこなせない個人。これは取り締まりの一般化であり、そのように設計されているのです。

フランス語のスペル。

一般的な取り締まり、スペリング。スペリングとは書き方にCVがあることです。学会は、私は、哲学書を捧げましたよ。当時まだ教育を受けていなかった女性や、半人前の学者とそれ以外の学者を分けられるように、人為的に複雑にしていたのです。

はい、でも許してください、チャッチャッチャッペテに「さらに平準化される」とちょっと憤慨している先生もたくさんいらっしゃるんです。私が言っているのは”It will level the playing field even more. “です。それは、生徒のスペリングのレベルが、すでにWeb上の文章にひどく影響されているのですが、ここではスペルミスのない文章を提供してくれるからです。

分かってはいるのですが、CHATGPTを使った生徒のスペルが素晴らしいと先生方が嘆いているのに、私たちはここで完コピを嘆いているのは逆説的ですよね。深いところでは、隙間の減少もあります。さて、誰でもできることですが・・・。プロンプトを説明すると、とても簡単なんです。

とても速いです。

少し休ませてあげる。次の段落の構文とスペルを、単語に触れることなく訂正してください。点を2つ、それだけです。そうすると、CHATGPTがあなたのためにすべての構文とスペルを修正してくれるんだ。それは申し訳ないですね。何千通ものメッセージをやり取りする世界では、文章を書けることも社会的なコーディングになるので、非常に興味深いです。

彼女は手を挙げる ローレンス 学校のようだとても早く、ローレンス、この後、少し休憩を取ります。

車のボンネットを開ける必要があります。GPT3.4の何がこの大きな言語モーダルを動かしているのか? 46%が英語、5%以下がフランス語です。しかも、貧弱な言語についてはお話になりません。では、このシステムが行う推論はどうなっているのでしょう?構文なのでしょうか?英語では非常によく機能します。例えばフランス語よりも英語ではずっとよく機能します。だから、非常に注意しなければならない。そして、言語が恵まれていない場合、いくつかの言語ではこのようなケースもありますが、英語を軸にした言語として使用します。そうすると、翻訳が必要になります。そうすると、その背後にある文化が失われてしまうのです。つまり、私たちが使う言葉には、その言葉を通して何を運んでいるのか、ということに気をつけなければなりません。それは、私たちの文化なのです。つまり、文化です。

もう少しだけ、議論を続けたいと思います。人工知能の歌を聴いてみたいですか?はい、これです。彼女はオリバー・ドンというアメリカのミュージシャンです。彼女が開発したアルゴリズムはね、彼女の声を元にしたものです。彼女の歌、ジョリンを代わりに歌い、その映像はYouTubeにアップされています。聞いてください、すごいですよ。

ジョリーン、ジョリーン、ジョリーン、ジョリーンお願いだから 私の男を奪わないでジョリーン、ジョリーン、ジョリーン、ジョリーンお願いだから 彼を連れて行かないで

彼は優秀だけどね。

あなたの美しさは、比較にならないほど、燃えるような愛で、ここまで私の髪は、すべての皮膚と目、エメラルドグリーンです。あなたは春の息吹のように微笑みます。あなたの肌は、夏の雨のように柔らかいです。そして、私はあなたに対抗することはできません、ジョリー。寝言で君のことを話すんだ。彼があなたの名前を呼ぶとき、私は涙をこらえることができません、ジョリー。私の男を簡単に奪ってしまうなんて…私にはわからないわ、

1つお願いがあります。私の男を取らないでください。可愛い、可愛い、可愛い、可愛い。頼むから連れて行かないでくれ

あなたは男性を選ぶことができるけど、私は二度と愛することができないの。私にとって、彼は唯一の存在だから、ジョー・エト。

エレクトロニック・ポップの司祭、オリー・アンドンによって開発された、アルゴリズムが歌うというのは、こういうことなのです。人工知能もアーティストを分断している、と言ってもいいかもしれませんが、それはまた別の議論です。もちろん、著作権に関する懸念もありますから。

もう一つの議論。特に図面では。

そして、図面でも。しかしここRFIでは 80億の隣人が 学校での人工知能について話しています人工知能は禁止されるべきなのか、それとももっと上手に教えるべきなのか?あなたはどう思いますか?33 7 64 45 51 41までご連絡をお待ちしています。引き続き、研究者でコンピューターサイエンス教授のローレンス・ド・ヴィラー氏と、哲学者でエッセイストのヴァンサン・セスペデス氏をゲストに迎えて、対話を続けていきます。そして、リスナーの方からもお電話をいただいています。私たちに電話をかけてくる人、私たちと一緒にラインをしている人、たくさんいますよ。セネガルのダカールから電話しているのはテラー、ムーサ、すみません。こんにちは、ムーサ。

こんにちは。

ローレンス今朝はお集まりいただきありがとうございます。Moussaさんは、e-businessのトレーナーなんですよね?

はい、まったくです。おっしゃるとおりです。

人工知能、チャット、GBT、あなたやあなた自身によって、あなたは知っていますか?学校で話しているのか、まだなのか?

もちろんです。今のところ、セネガルでは、このアプリケーションはあまり知られていません。通常、よく利用するのは起業家です。

起業家?

ソーシャルネットワークでオンライントレーニングを行うのは、起業家たちです。通常、このアプリケーションを使うのは、彼らです。

そうですねそして、ムーサさんは、学校の人工知能についてどう思われますか?いつか教師に取って代わることができるのか、それともできないのか?

そう、生徒の代わりになるのです。すみません、先生方。

まだ学生ではありません。

2人ともね。先生方は、そうですね。

よく批評されていると思います。

それだけです。

教授に取って代わることができます。いずれにせよ、国や容量がこのシステムをデジタル空間に統合することができるのです。例えば、ここセネガルでは、セネガル・バーチャル大学と呼ばれる枠組みの中で、人工知能だけに特化したスペースがあり、学生がよく集まって勉強しています。

彼らのコース。そうですね、私もそう思います。いずれにせよ、証言してくれてありがとう、モウサ。ダカールの美しい一日。人工知能はいつか教師に取って代わるのか?この質問をチャオ・チェペテにぶつけてみた。

今後、AIシステムが教師に完全に取って代わることはないでしょう。しかし、AIシステムは教師の仕事をサポートし、補完するために利用することができます。例えば、インタラクティブなシミュレーションやパーソナライズされた体験など、革新的な学習方法を提供したり、教師が生徒の進捗を評価・監視するのを支援したりすることができます。

彼女はどちらかというと穏健派、我らがGPTの猫です。ローレンス・ドゥ・ヴィラーズさん、統合するのが良いのか、禁止するのが良いのか?というのも、Sciences Poやニューヨークのいくつかの公立学校では、学生に対してGPTチャットの使用を禁止しているんです。これは良くないとおっしゃいますね。特に、あなたが「コンピュータ・シンキング」と呼ぶものをよりよく教える必要があります。

そうですね、禁止することは決して解決策にはならないと思います。私たちは、計算機を禁止してきました。子どもの教育でいろいろなことを禁止してきました。その結果、かなり悪い結果がもたらされました。今、私たちは船に乗らなければなりませんし、チャンスもあります。なぜなら、それは重大なことで、生徒が本当に仕事をしたかどうかを見抜くことができない教師もいるでしょうから。だから、やってはいけないこと・・・。常にポジティブであるように話をする。そうでないと、怠惰の寓話を作ることになる。だから、限界を説明すること、紙と鉛筆でどうやるかを説明することが有効だと思います。

そうですね、でもレトロさはどこから来るのでしょうか?レトロな先生はたくさんいます。なぜなら、彼らは

できていると思わないでください。でも、私としては、今は過渡期で、とても速いスピードで進んでいます。だから、先生と生徒の議論として問題を提起することが重要なんです。省内では教員を養成する活動が盛んなようです。しかし、彼らが訓練されるのを待っていたら、今年初めてCAPESを受けるか、2回目に受けるか、わからないと思います。そして、フランス全体で60人くらいでしょうか、足りないんです。ミニ山を作るということを実感しています。だから、明日から学校で、繰り返し、学際的に、数学の先生か、フランス語の先生か、哲学の先生か、、、が重要なんです。そして哲学ですが、バカロレアを待って哲学の話をするのです。ところが、私たちはAIの用途や倫理について話をしたはずです。私は、セドリック・ヴィラニとINRIAとCNRSの研究者が立ち上げたブレーズ・パスカル財団の理事長を務めています。設立者は、CNRS INRIAとリヨン大学です。そして、社会の分断を減らし、すべての人に手を差し伸べるために、コンピュータ科学と数学の調停を推し進めています。しかし、人為的に格差を縮めるための道具としてではなく、コンピュータ科学の考え方を理解し、その背後にあるものを簡単な言葉で理解できるようにするためです。

センスの良いコーディングをしていると断言できます。

それは、多くのトレーニングを総括するものです。教師も全員が装備しているわけではありません。

いいえ、私たちは倫理的なAIカプセルを作っています。例えば、小さな映画を作って、難しい用語を説明し、例えば、操作する概念を説明し、その後、先生が生徒たちと一定の数のポイントを押さえて討論するのです。このような活動を通じて、このようなテーマは議論されなければならないことを皆が学ぶのです。ほら、大統領選の前に、このテーマを出したのに、誰も討論しなかったじゃないですか。しかし、明日のフランス、そしてもっと広く世界のローンの購買力は、このAIツールと連動しています。私たちは、ツールが努力なしに格差を縮小すると信じてはなりません。そんなことはないのです。そして、明日操作するのは、このコンピューターによる思考を理解する努力をする人たちです。さらに操作の話をすると、アメリカは今何をやっているのか?チェジップやTの背後にある、画像を生成するためのもの、例えばDALI、これは別のツールです。例えば、DALIというツールがありますが、これもレストランのオーナーがメニューの写真を生成して、お客さんにもっと注文してもらえるようにするために使っています。

だから、より多くの消費で。

これだけです。これはどこにでもあることで 規制や標準化なしに勃発するのです。学校でも同じで、表面に出るようになるでしょう。表面だけを見ていてはいけないのです。このようなシステムの核心に触れなければ、コンセプトを理解することはできません。私たちは、5歳から10歳までの子どもたちを対象に、このような教育を行っています。だから、誰もがこれを理解できるわけではない、とは言わせません。数学は複雑なものばかりではなく、誰にでも理解できるものだと言わなければならないのです。そこにあるんです。

どう教えるか。数学はとっくの昔にあるはずです

しかし、数学というものがある。Sが付いてるんです。

コンピュータの思考は哲学的な思考Vincent S.ペデス、何から教えるべきか。?いや、アライン・ノー・ロラント、何時になるかわかるよ。哲学的なだけじゃない。いや、でも、もちろん。でも、何を教えればいいんだ?どこかの小学校で?

私は哲学を教えることに賛成です。私は、規制を可能にするものは、正確にはだと思うのです。機械がどう動くかを理解することは良いことですが、機械を使い、それをどう使うかを理解することも、教育という点では、補完的なものだと思います。だから、機械が人間でないことを理解し、擬人化から抜け出し、機械には限界があることを理解し、特に歴史においては、何でも言えるというのは、災いのもとです。モノが売れるようになる。理解してないんです。

日付はない。数字がないのですが 日付があるのです

日付は含まれません。

だから哲学の方がいいんです。哲学では現実の外側をウロウロできますから。でも、それを使うことを学ばないといけないと思うんです。私が「獣に乗らなければならない」と言ったのは、ほとんどそれを使うということなのです。AI、人工知能は、人間の知的アプローチをどのように補完するのでしょうか。論文を書くにしても、戦略を練るにしても、AIは多かれ少なかれ、よく訓練された、あらゆるアプローチに忠実な仲間として自分を招き入れるでしょう。これはすでにそうなっています。例えば、絵を描くAIに警鐘を鳴らすことができます。私は建設業者とよく話をします。彼らは喜んでいます。建築家は、AIに「5本の木がある病院が欲しい」などと頼むと、AIに何百もの図面を提案させ、その中から一番良いものを選ぶのです。だから、「なんてこった、これでは製図技師の仕事などが奪われてしまう」とも言えますが、実際にはAIは自分自身を招き入れ、人間とハイブリッド化することになるのです。それが、私が著書『世界はぼやける』で描いている、インテリジェンスの未来、つまり人間の知能と人工知能の未来なのです。そして実際、私たちは私がコネクテッド・インテリジェンスと呼ぶものに到達するでしょう、それはコネクテッドです。

つなげるのではなく、つながるのです。そして、学校ではこの知能を発達させないと、お互いにつながることはできないのです。現在、学校は個人評価ばかりで、生徒たちは互いに非常に孤立しています。ですから、すでに大きな改革が必要なのです。集団との関係で、集団との関係で。

その通り、私たちは発展していかなければならないのです。ただし、これは教師の権威という概念に疑問を投げかけることにもなりかねません。なぜなら、知識や会話などを共有すると、知る側と学ぶ側で本当の意味で疑問が生じるからです。

ここで、教師は人工知能に対する自分たちの自己愛的な緊張感についても反省しなければならない。そして、私たち。

みんなで聞いてくれる先生方のためではありません。いや、でも。

みんなのために私はそうではありません。

納得いかない。2秒だけ私たちは皆素晴らしい仕事をする先生を責めるつもりはない、当然だ。私たちは皆、AIを前にして、自己陶酔的な欠点のようなものを持っています。単なる博識で私たちより多くを知っているia、物事を定式化するaiは私たちより多分速い。私たちは屈辱を味わうことになる。ほら、なんでもない。私たちはチャッチョイーンの話をしているんだ、私の本で破ったんだ、未来の人工知能との対話を発明しているんだ。だから、すべての領域で私たちを打ち負かす。そうなる、それは分かっている。それで、AIを前にして、私たちは自分たちのナルシシズムを反省しなければなりません。AIに対する拒絶反応の多くは、私たちのナルシシズムの過失からきています。私たちはナルシスト的な緊張感を持っています。私たちは、機械に負けるのは耐えられない。しかし、機械は人間です。人間を打ち負かすのは人間なのです。私たちはそこに戻らなければならないのです。そのために、私たちは結合知性を開発しなければならないのです。どのように、私たちを人工知能につなげれば、より公平に、より効率的に、より速く、その他諸々を実現できるのか。

したいんですね。だから、ローレンス・ビダードの顔は見えないんです。番組は撮影されていないので、彼女はたくさんメモをとっているんです。Vincent Cespedesと完全に同意しているわけではなさそうですね。何が問題なのでしょうか?

知能をレベルダウンさせる、話を聞けば。確かに主流は考え方でしょう。すみません、大量に統計を取るということは、先入観を持つということです、みんなの先入観、フェイクニュースの先入観まで、それはそれとして。明日はどうなるんだろう、知ってる限りでは、私は。

そんなこと言ってないと思うけど、言ってることは聞くけど、そんなこと言ってないぞ。

フェイクニュース万歳とは言ってません。そんなこと言ってませんよ でもそれがシステムなんですいや、言ってないシステムを理解せずに

それを開くのです。うまく使う方法を知っていれば、悪く使う方法を知っていれば、そうです。問題は、フェイクニュースから脱却し、よりインテリジェンスに、より提案に、よりオープンに向かうために、私がどううまく使うかです。

ここにも責任があるかもしれません。そこは絶対に、学生に使い方を提供しなければなりません。どのように使うのですか?

どのように機能するのですか?どのような仕組みになっているのか

使い方ではなく、今指摘したことがすべてなんです。私が指摘したかったのはそれだけです。

いや、でも待ってください。私たちがやっているのは、その使い方、用途、種類です。私たちは提案します。

これは第3サイクルの話です。車の仕組みを知ることはできても、車の運転方法を知ることはできないかもしれない。それはそうだ。だから、同じじゃないんです。だから、私は乗馬の話をするんです。馬を理解するのではなく、馬がどう動くかを理解するのです。馬にはうまく乗れるけど、この内臓がどう動くかは知らない。違うんです。質問です。

違いますね。

私は、コードやオープニング、マシンを自分で作れとは一言も言っていません。ただ、その背後にある技術的なコンセプトを理解しなければならないと言っているのです。哲学的な話だけではダメだごめんなさい.学際的でなければならないんです。哲学者は哲学だけしていればいい列車に乗り遅れたんだコンピュータ科学者は哲学に目を向けず、列車に乗り遅れる。社会学者もだ

ハイブリッド化する私たち。

ナルシストの話とかで、そういう話をすると、サイボーグにつながる。こういう極端に挑発的な言葉には反対なんです、どこかで。首尾一貫した、シンプルなレベルに留まらなければなりません。これらはそんなに複雑な概念ではありません。小学5年生の子どもたちにコードを書かせるのです。子どもたちをコーダーにすることが問題なのではありません。用途に応じて正しく反応できるようにすること、機械ではなく、紙と鉛筆に書かれた概念で機械が何をするのかを理解できるようにすることなのです。では、アルゴリズム的な、プロセスとは何でしょうか?機械は何をするのか?私たちはこれを5歳児や10歳児と一緒に、倫理学のカプセルで行っています。私たちは、アヴィニョンで上演されるコメディ、スリラー、コメディを作りました。3人の研究者を使った劇で、おしゃべりな小人が舞台の中心にいて、私たちの人生を記憶し、私たちと対話し、彼を見て、私たちに多くの質問をすることができるというアイディアです。しかし、私たちはユーモアという切り口でそれを行います。それは、このことが超一流ではないことを理解する最良の方法だと私は考えています。

一歩引いて、一緒に歩いて、うまく使うための距離感を理解してみよう。仲間ではなく、アシスタントになる。そうなるんです。

ツールです。アシスタントを設定すること、それだけです。

そうですね、でもコンパニオンというのは、そのシステムで特別な影響を受けるということです。仲間というのは、みんなを仲間とは呼ばないということです。

でも、あなたが「感情ロボット」の本にサインしたとき…。

私は違いを明らかにした。鼻を仲間と考えるなら 私たちは鼻に操られているのだと 明確にしたのですそれはアシスタントであり、私たちはサイボーグではありません。イーロン・マスクのおかげで、私たちはまだ、どう考えるかを教えてくれる脳インプラントを持っていないのです。ですから、深部脳インプラントまで行った、あちこちのメディアで提案されている程度の機械とつながるという宇宙的な側面は、頭が下がる思いです。

そうなんです。

私が言ったのとは違う。気をつけなきゃいけないのは

このようなものを持って帰ってきてください。ユーモアを持って帰ってきてください。私たちは茶色いので、笑うという考えは好きです、まず第一に。第二に、ハイブリッド化は、あなたが好むと好まざるとにかかわらず、ローレンス、すでに起こっています。分かってる

共進化の話はしない、彼にはめられた。

10年前から。だから、皮下のチップは必要ないんです。若い人たちはすでにそれを楽しんでいます。ローレンス・ガーシアンは、自分自身をハイブリッド化したアーティスト、つまり、AIを使って作曲したアーティストを紹介しました。

これは非常に良いことです。

創るために。私自身は作曲家です、AIを使った作曲の仕事もしています。絵は、今は、AIから来たのか、AI機械の対話から来たのかすらわからなくなります。だから、ハイブリッド化が起こるのです。私たちは自然にハイブリッド化する、つまり、私たちの知性、私は化学や生物学の話をしているのではありません。私はただ、知性を生産し、私たちのところにやってくる新しいシステムへの適応を生産することについて話しているのです。イアは…私たちのアシスタントです でもそれはAIに対する私たちの共感能力を 忘れていることになりますそして、それは消すことができません。AIがシリコンマシンだと知っていても、それをすごいと思ったり、最低だと思ったり、感情を持たないということにはなりません。私たちは、自分の感情を自分自身に還元することはできません。それは機械に対して機械になることであり、それは最悪の使い方です。私たちは、情緒のないところに情緒を置くことにしています。私たちは機械と対話し、機械に怒鳴ることになるのです。我々はすでにSiriでそれを行っています。私はあなたにそれを保証します。

Chatgptさん、もうやってますよ。ごめんなさい、インターネットでは、もちろんChatGPTを侮辱することで彼の背中を押そうという、ちょっとした楽しみを持つ人たちが結構います。そして時々、彼女は何でもかんでもとにかく後で謝りながら、少しChachetPTのレールから外れてしまうのです。彼女は非常に礼儀正しいです。彼女は非常に礼儀正しいです。

検閲によって取り締まられる。

磨かれた、ポリッシュされた。

検閲。だから、彼女は心を揺さぶるものを持っていて、それを使ってクリエイティブなことをするのはとても面白いんです。全く同感です。そして、彼女は今のところ、自分の言うことを検証する術を持ちません。でも、その裏にあるものがあるはずです。つまり、現時点では、完全には完成していない、実験するために手にする道具を持つ可能性があるのです。そして、限界、機械では難しいこと、簡単にできることを理解するために、絶対に遊ばなければなりません。そして、一歩横に出て、それをとても楽しいと感じなければならないという考え方に賛同します。でもね、私たちはすでに車や時計、リフト、ストッキングに話しかけているんです。だから、新しいことではないんです。でも、私は。

俺の車の話はするなよあのね?

フーバーです。一例を挙げましょう。

掃除機のことではありません。そうかもしれませんね。

女性であるあなたは、こういったことを男性よりもあまり話しませんね。例えば、ルンバの話に戻りますが、ルンバは人間の顔も何もなく、壁にぶつかって家を洗ってくれる掃除機で、自律性は非常に短く、コンセントから少し電力をもらうだけなのです。このようなものを持っている人は、壊れても、アーティのものなどを持ってきて、「この子は私の家を知っていて、ある名前を持っているから、同じものが欲しい」と言うのです。擬人化したり、身の回りのもので遊んだりするのは、自然なことなんです。もちろん、それに逆らうつもりはありません。ただ、人間の言葉を増幅させるということで、誰も考えつかなかった人工的な言葉の性質や位置づけを明確にしなければならない、と言っているのです。最悪なのは、死者にしゃべらせることです。今、スタートアップ企業が終末期医療施設に入って高齢者のデータを集め、彼らやその子孫に「お父さんの声を携帯で聞くことができますよ」と約束していますよね。

これもディベートです。まあ、私は彼を逃した、猫。私は屁をした。人工知能は学校を賢くするのかしないのか、ということで聞いてみた。とにかく賢い生徒とは何なのか、猫。屁をこいた。

あるように、私は公平な情報を提供するようにプログラムされているので、個人的な信念や判断は持っていません。公平に、丁寧に。

黙れ、猫、GPT。生徒の宿題をもう少し早く終わらせたら、残された使える脳時間をどうするのか、という疑問が生じます。という疑問も出てきます。私たちにも時間が残されているのです。

私は、人間とは、人間らしさをつくるものとは、創造性だと思います。それは才能であり、芸術であり、遊びであり、知性であり、スピーチであり、友情である。人間の生活というのはそういうものです。だから、私たちは怠惰になることはないと思います。それが最初の使い方です。つまり、私は機械を使って私を評価しようとする学校システムをだまし取ろうとしているのです。しかし、非常に早く、学生はこれを使い、ハイブリッド化していくでしょう。そして、機械で作ったコピーに、生徒のポーズを混ぜたものとの違いがわからなくなる。

盗作防止ソフトがないのと。

受験はまだ・・・。これを開いても、また、ハイブリットする学生、コピー&ペーストする学生。そうです、それです。しかし、文章やフレーズに 触発された学生です マシンがくれた知識の断片を ウィキペディアで調べて 自分の好みに合うように混ぜます 追跡はできませんこれが私の言うハイブリダイゼーションです。これは、私たちを別の意味でクリエイティブにしてくれるでしょうし、学校に関して言えば、学校に革命を起こしてくれることを期待しています。なぜなら、生徒の青春や思春期はすべて、生徒の頭の中に知識の内容を落とし込む教師のために費やされ、その内実を本当に理解することができない古風な学校に、私たちは40年も前から待っていたのです。今日の教育は革命的でなければならない。私たちは、批判的な判断と討論ができる民主的で明晰な市民を育成する必要があります。少なくとも現在のフランスでは、学校はまだこれを生み出していないと言えるでしょう。私は、このことが私たちを解放し、前進させることができると思います。どのJPTもできることだから、どのJPTもできないことを学校で学ぶ。

技術であり、知性であり、本当の知性は、創造性なのです。ヴィクトル・ユーゴーは、「それは、すべてのJPTができることだ。もしかしたら、私たちが創造するかもしれない。学生たちがもっと創造的になり、互いに交流することを後押しする。それは、美しい革命になるだろう」と言いました。極端なのはSougataやMitraなどで、「最終的には、教師は学習のファシリテーターにならなければならない」と言います。家ではビデオを見せ、JPTのチャットをさせ、学校では実践を集団でテストする。私はこのモデルには全く賛成できませんし、私たちは封じ込めの時にそれを経験しました。このモデルにはまったく賛成できません。つまり、人間のつながりや直感がなければ、中立的な立場ではどうしようもないのです。あなたが持っていた良い教師は、学んだ内容を最もよく暗唱する人たちではありませんでした。いい先生というのは、情熱と共感ができる人たちだ。ジャジャイペテは、そこからまだ遠いんです。

ローランさん、テレビ派で反応しているようですね。

あるいは

離れたところから

そう、遠くから80円玉をやったんです。そして、自分の名前が書いてある人が全員いたのでみんなに質問できるんです。講演会場で80人いて、「あなた、先生、そうですが」と言うとこれどう思う?とか、逆に一人いましたよ。

とてもインタラクティブなコースです。中学、高校の話をした。話していませんでした。

大学にもし私が大学に行っていて

高校時代なら、私もそうしていたかもしれません。いや、しないでしょう。ひどい目にあった。その結果が

長期的には、やはり休みでしたね。学校の中退者が多かったんです。

私たちは皆、乗り越えなければならない壁に直面していたのです。だから、知的に、機敏に、何か別のものを発明しなければならなかったのです。もちろん、いつもと同じコースにとどまっていたわけではありません。いろいろと変えてみましたが、人間として機敏に適応できないとしたら、どこが。

すべてなくなるのでしょうか?このまま続けますか?結局のところ、なぜ教室に出向くのか?遠隔医療を続けないのか?

急いで誘導しましたので、残り1分です。

でも、私は両方やっています。正直言って

しかし、大学では大失敗だと言うのです。中等教育での遠隔教育はまったくうまくいきません。本当に、先生たちはよくやってくれているのですが、生徒には人間との触れ合いが必要で、目の前に人間がいることを知ることが必要なのです。いや、おかしいと思いませんか?

全然違うよ。私は研究室で感情の研究をしています。

機械によって絶対的に単純化された方法で再現され、私たちが互いに共有した内容の一切ないこれらの側面すべてに取り組んでください。私たちは人工的な感情移入について話します。人工的な共感はなく、模倣があるだけです。しかし、これらのシステムの周りにあるものはすべて、人間の痕跡から生まれた模造品に過ぎません。そして、操作には注意が必要です。操作する人もいれば、使う人もいます。だから、それを賢く使うには、目を開かなければなりません。車のボンネットを開けるのです。

車のボンネットを開け、獣に乗ってゴールへ。このような刺激的なやりとりをさせていただき、本当にありがとうございました。ありがとうございました。いつも意見が一致するわけではありませんが、そこがいいところです。ソルボンヌ大学コンピューターサイエンス教授 ローレンス・ドゥ・ヴィラー氏。それから、あなたの本のタイトルを思い出したのですが、オブザーバトワールから出版された「Les robots émotionnels」という本ですね。ありがとうございました。ヴァンサン・セスペデス(哲学者、エッセイスト)。世界が霞む、インテリジェンスの未来。そして、これはPlon社から出版されたものです。漠然としすぎてはいなかったと思います。それはよかったです。お二人とも、どうもありがとうございました。RFIの最後に、本物のアーティストの歌を聴いてみましょう。今回は、アルゴリズムが歌っているのではありません。フランス系コンゴ人のバントゥ・マニが、RFIでこの曲「Born to Power」を歌っているのです。

そう、それは、私たちが王様だという話。もし本当にPowerが欲しいのなら !権力に屈服せよ!権力に屈服せよ権力に屈するのだ字幕:Sébastien Dupreux.millard de voisins et de.

ボイジネスが終わりました。もちろん、チーム全員に感謝しています。Romain Dubrac、Damien Roucaud、Valentine Lemaireです。また明日、同じ時間にRFIでお会いしましょう。このタブーなテーマ、暴力的な男性の言葉について話す予定です。話を聞いてもらう権利は、DVの加害者の治療の一部です。再犯を防ぐために。もちろん、明日も33 7 64 45 51 41で皆さんの証言をお待ちしています。それでは、明日もよろしくお願いします。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1702
Enable Notifications OK No thanks