セドリック・カーン

フランス関係の最大のイベントと言えばフランス映画祭ですね。以前より俳優さんが来日しなくなりましたが、ほとんどの作品の監督さんが来日しています。特に今のところ日本での配給が予定されていない作品は、この機会しか無いと行っても過言ではないのです。そういう作品だからと言っても、本国フランスで人気がないわけではないのです。

今回は「リグレット」という作品で来日したセドリック・カーン監督は、4回目の来日です。アンテンヌフランスでも「ロベルト・スッコ」で来日した時以来となります。

カンヌで若手監督賞も獲っているし、それほど知られていない訳ではないのですが、日本で彼の情報はあまりなく。ネットで検索しても同じ内容ばかりなんです。もちろん映画祭の用意してくれる資料も。

と言うわけで、本人に直接聞いてみました。パリ高等映画学院(IDHEC)を出ているとプロフィールにあるのですが、これは間違いで、映画は独学で学んだそうです。ですので、だんだん年を追う毎に作品が洗練されてきていると話していました。

実はクレスト(フランス南部)生まれというのも、正確に言うと間違いで、パリ生まれで、その後クレストで育ったそうです。高校卒業後、かねてより夢であった映画の道に進むべく、スタジエール(インターン)として、現場で仕事をして、24歳で監督デビューとなりました。始めの作品の時は政府の補助金をもらい、制作したそうです。

映画「リグレット」のようにつまらないインタビューになってしまいましたが、映画祭の期間限定で配信していますので、ご覧下さい。
http://www.ustream.tv/recorded/5574310

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る