引っ越し先で出会った仲間達に、自分は男の子だと思わせる少女ロール。 友達のリザは「彼」に恋して・・・。シンプルかつ甘美に描かれたひと夏の物語。

『水の中のつぼみ』でデビューした女性監督セリーヌ・シアマが、再び成長期の子供達の繊細な心理を扱った作品。

夏休みに家族とともに引っ越してきた 10 歳の少女ロールは、少年のような格好をし、近所の子供達にも自分を男の 子だと思い込ませる。やがて、同年代の少女リザはロールに好意を抱き始めるが……
ロール役に抜擢されたゾエ・ エランを始め、子供たちの自然な演技が素晴らしい。ベルリン映画祭パノラマ部門オープニング作品。

監督:セリーヌ・シアマ/出演:ゾエ・エラン、マローン・レヴァナ、マチュー・ドゥミ/2011 年
フランス/82 分/35mm/カラー/1.85/ドルビーデジタル

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  2. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  3. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  4. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  5. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
ページ上部へ戻る