チョコレートへの共通の情熱から惹かれ合う男女。並外れて感情的で内気なカップルの行方は? ユーモラスで温かく、切ない恋を、じっくり心で味わって。

昨年クリスマスにフランスで公開され、スマッシュヒットを記録したロマンティック・コメディ。チョコレート工場の経営者 ジャン=ルネと、才能あるチョコレート職人アンジェリック。
チョコレートへの愛という共通点を持つ二人は次第に惹か れ合うが、もう一つの共通点が二人の恋愛の邪魔をする。それは感情表現があまりに「豊か過ぎる」ことだった……。 『デルフィーヌの場合』、『ベティの小さな秘密』が日本でも公開されたジャン=ピエール・アメリスの最新作。

監督:ジャン=ピエール・アメリス/出演:ブノワ・ポールブールド、イザベル・カレ/2010 年/フランス
80 分/35mm/カラー/2.35/ドルビーデジタル

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  3. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  5. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  6. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  7. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
ページ上部へ戻る