フランス映画祭2014観客賞決定!『バツイチは恋のはじまり』

観客賞は、フランス映画祭2014で上映された12作品の中で、鑑賞されたお客様による4段階の評価の平均点数が、最も高かった作品に贈られます。この賞は、今回で3回目になります。

バツイチは恋のはじまり(Fly Me to the Moon・原題Un plan parfait)は『最強のふたり』製作チームが手掛ける笑いあり、涙ありのラブストーリー。
仕事も恋も完璧なイザベルが幸せになる条件、それは「バツイチ」になること。
イザベルは、歯科医師の彼氏ピエールとパリ郊外で同棲中。出会った頃と変わらず優しいピエールとの安定した生活は周囲も羨むものだった。付き合って10年、二人は自然と結婚を考え始めていた。
しかし、イザベルにはその結婚になかなか踏み込めない理由があった。それは「一度目の結婚は必ず失敗する」というイザベルの家系に代々伝わるまるで呪いのようなジンクス。
結婚式を数ヵ月後に控えたイザベルは、ピエールと結婚する前までに何とかして、バツイチになる決意をする。そして、そのパートナー探しの旅に出ることにする。

監督:パスカル・ショメイユ
出演:ダイアン・クルーガー、ダニー・ブーン、アリス・ポル、ロベール・プラニョル
2014年9月20日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて公開

パスカル・ショメイユ
(C)Rumi Shirahata-UniFrance films

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  2. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  3. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  4. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  5. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  6. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  7. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
ページ上部へ戻る