フランス映画祭2018 オープニングセレモニーに是枝裕和監督が登場


カンヌ国際映画祭で日本人史上4人目、21年ぶりのパルム・ドールを受賞、自身も「フランス映画に育ててもらった」と語る是枝監督が、13年ぶりに横浜に戻ってきた記念すべき「フランス映画祭 2018」のオープニングイベントを祝して駆けつけます。

映画祭団長のナタリー・バイをはじめ、フランスの鬼才・フランソワ・オゾン監督、オープニング作品『セラヴィ!』の監督『最強のふたり』の監督コンビ・オリヴィエ・ナカシュ監督&エリック・トレダノ監督など豪華来日ゲストに加え、横浜市出身のフェスティバル・ミューズの常盤貴子も参加、映画祭のオープニングを華やかに彩ります。

「フランス映画祭 2018」オープニングセレモニー登壇者(予定)
ナタリー・バイ(フランス映画祭2018団長、『モカ色の車』『トマ』出演)
ローラ・スメット(『トマ』監督)
フランソワ・オゾン(『2重螺旋の恋人』監督)
エリック・トレダノ(『セラヴィ!』監督)
オリヴィエ・ナカシュ(『セラヴィ!』監督)
アンヌ・フォンテーヌ(『マルヴィン、あるいは素晴らしい教育』監督)
フィネガン・オールドフィールド( 『マルヴィン、あるいは素晴らしい教育』出演)
ユベール・シャルエル(『ブラッディ・ミルク』監督)
スワン・アルロー(『ブラッディ・ミルク』出演)
エマニュエル・フィンケル(『メモワール・オブ・ペイン(英題)』監督)
メラニー・ティエリー(『メモワール・オブ・ペイン(英題)』出演 『See You Up There(英題)』出演)
コラリー・ファルジャ(『REVENGE リベンジ』監督)
ジュリー・ガイエ(『顔たち、ところどころ』プロデューサー)
アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン(『子どもが教えてくれたこと』監督)
グザヴィエ・ルグラン(『CUSTODY/カストディ(英題)』監督)

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-12-12

    フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  2. 2009-12-4

    フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  3. 2009-9-11

    日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  4. 2009-9-24

    幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  5. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  6. espace sans tabac

    2015-7-15

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  7. 2009-8-19

    フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
ページ上部へ戻る