フランス映画祭2018 オープニングセレモニーに是枝裕和監督が登場


カンヌ国際映画祭で日本人史上4人目、21年ぶりのパルム・ドールを受賞、自身も「フランス映画に育ててもらった」と語る是枝監督が、13年ぶりに横浜に戻ってきた記念すべき「フランス映画祭 2018」のオープニングイベントを祝して駆けつけます。

映画祭団長のナタリー・バイをはじめ、フランスの鬼才・フランソワ・オゾン監督、オープニング作品『セラヴィ!』の監督『最強のふたり』の監督コンビ・オリヴィエ・ナカシュ監督&エリック・トレダノ監督など豪華来日ゲストに加え、横浜市出身のフェスティバル・ミューズの常盤貴子も参加、映画祭のオープニングを華やかに彩ります。

「フランス映画祭 2018」オープニングセレモニー登壇者(予定)
ナタリー・バイ(フランス映画祭2018団長、『モカ色の車』『トマ』出演)
ローラ・スメット(『トマ』監督)
フランソワ・オゾン(『2重螺旋の恋人』監督)
エリック・トレダノ(『セラヴィ!』監督)
オリヴィエ・ナカシュ(『セラヴィ!』監督)
アンヌ・フォンテーヌ(『マルヴィン、あるいは素晴らしい教育』監督)
フィネガン・オールドフィールド( 『マルヴィン、あるいは素晴らしい教育』出演)
ユベール・シャルエル(『ブラッディ・ミルク』監督)
スワン・アルロー(『ブラッディ・ミルク』出演)
エマニュエル・フィンケル(『メモワール・オブ・ペイン(英題)』監督)
メラニー・ティエリー(『メモワール・オブ・ペイン(英題)』出演 『See You Up There(英題)』出演)
コラリー・ファルジャ(『REVENGE リベンジ』監督)
ジュリー・ガイエ(『顔たち、ところどころ』プロデューサー)
アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン(『子どもが教えてくれたこと』監督)
グザヴィエ・ルグラン(『CUSTODY/カストディ(英題)』監督)

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  2. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  3. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  4. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  5. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  6. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  7. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
ページ上部へ戻る