フランス、マクロン大統領とタロン氏の立会いのもと、ベナンの26の宝物の返還を最終決定

11月9日(火)、エリゼ宮において、エマニュエル・マクロン大統領とパトリス・タロン大統領の立会いのもと、フランスからベナンに返還される26作品の所有権移転証書が署名され、4年前に始まったプロセスに終止符が打たれました。文書に署名した後、貨物機がコトヌーに向けて出発し、11月10日(水)にボチオの大きな王像3体、玉座、座席、携帯用祭壇などの作品が到着する予定です。

2017年11月、ワガドゥグで、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、5年以内にアフリカの遺産の一時的または永久的な返還を可能にすることを約束しました。2018年3月、ベナン大統領のエリゼ宮でのレセプションの際に、この返還行為の基礎を築いた。

エマニュエル・マクロン氏は当時、「親愛なるタロン大統領、あなたと一緒に今後、両国間の作品の流通拡大に取り組みたいと願っています」と語っていました。

その7ヶ月後の2018年11月23日、エリゼは26作品のベナンへの返還を発表しました。特に、1892年のアボメイ宮殿の略奪の際にドッズ大佐によって略奪された、古代王国ダンホメの作品が返還されることになりました。この発表は、学者のBénédicte Savoy氏とFelwine Sarr氏が、Emmanuel Macron氏が委託した報告書を提出した日に行われました。

フェルウィン・サー氏にとって、今回の発表は創設行為です。「これは本当に歴史的な瞬間です。そして、今繰り広げられていることは、絶対的に基本的なことなので、象徴的ではありますが、関係の他の分野にも影響を与えることになるでしょう。

そして、そのプロセスが始まった。コトヌーはフランスに、アボメイに作品を収蔵する美術館の建設を支援するよう要請した。2019年には、フランス開発庁と文化・外務省のミッションが現地を訪問。

パリ、返還に関する具体的な法律の制定に向けて投票

この返還を可能にするために、1年後の2020年12月17日にフランス議会で特定の法律が採決されます。そして、返還政策をよりよく監督したいと考えた上院議員たちが、この文章への投票を拒否したとしても、この26個の作品をベナンに返還することが合意されたのである。

その期間は3年近くになる。閉塞感や遅延など、すべてがそう簡単にはいかなかった。これは美術史家のベネディクト・サヴォワ氏も驚くべきことではありません。

歴史上のすべての返還事例は、奪われた国が遺産を再利用する際に、最初はその管理方法を正確に知らないことを示しています。そして、それは普通のことで、私たちは遺産を持っているときに、その管理方法を知っています。

 

コトヌーにとって、他のプロセスの始まり

フランスは、ベニス当局が返還された物品を展示するのを支援したかった。このため、フランスの開発機関は、博物館の建設とアボメイの宮殿の改修のために2,500万ユーロの融資を行いました。これに、技術支援とトレーニングのための1,000万円の助成金が加わり、啓発活動やトレーニングも行われることになっています。

つまり、ベニスの外務大臣であるオーレリアン・アグベノンシ氏が先日歓迎した博物館での協力関係である。「このプロセス全体に関与したベニスとフランスの両政府の間に蔓延した相互理解と建設的な対話の精神に敬意を表したいと思います。

ベニス当局にとって、今回の返還はプロセスの終わりではなく、新しい歴史の始まりであり、いずれは他の返還につながるものです。

ベニス大統領府の遺産・観光ミッションの責任者であるJosé Pliya氏は、「当初の26点に加えて、他の兵士が略奪したものや、植民地時代の管理者が持ち去ったものについても議論し、返還プロジェクトに含めるよう、努力を続けています」と語る。私たちは今でもこの返還、循環の考えにこだわっており、ゴウ神の像は本当に私たちが取り組み続けている大きな課題です。”

他の返還を待って、アボメイ王室の宝物26点は11月10日(水)に原産国に返還されます。彼らがベニスの地に到着したことを祝うセレモニーが予定されています。

各作業における特別な注意事項

ベナン国立遺産振興・観光開発庁(ANPT)のミュージアムプログラムのディレクター、アラン・ゴドヌー氏は、作品を受け取る際の注意点をこう説明します。また、これらの作品の状態を確認するなど、モニタリングの中心的な役割を担います。

慣らし運転の後、大統領官邸で展示されます。しかし、新居である「ダンホメのアマゾンと王の叙事詩博物館」に戻されるのは約3年後です。その前に、ウイダのポルトガル人の砦で展示される予定です。

ベニスの分裂

Ouidah History Museumのキュレーター、Calixte Biah氏によると、それぞれの作品の特徴を考慮した上での注意事項とのこと。「一つの作品が他の作品に優先することはありません」と、パリで作品を解体しながら語る。

その到着を待っている間に、ベニヤの人々はこの返還についてすでに大きく意見が分かれています。多くのベニス人は、フランスが作品の一部しか返還しないことを非難していますが、一方では喜んでいる人もいます。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/afrique/20211109-la-france-finalise-la-restitution-des-26-trésors-du-bénin-en-présence-de-macron-et-talon