パリのリバーサイドの書店は、オリンピックに向けて片付けることを拒否する

パリのセーヌ川に並ぶ野外書店は、セーヌ川でのオリンピックの開幕のためのセキュリティに対するフランス当局からの懸念にもかかわらず、移動を拒否しています。

来年7月26日の開会式は、オリンピック史上初めてスタジアムの外で行われる。

世界中からアスリートを積んだ100隻以上のボートがセーヌ川を下り、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館、エッフェル塔を通過します。

主催者は、川の端の観客数を約50万人に制限するよう求められ、大規模なセキュリティ操作が必要になります。

情報筋は先週の木曜日、フランスの通信社AFPに、ヨーロッパ最大の野外書籍市場を構成する200人のブキニストが、今週パリ警察当局から送られた手紙をめぐって武装していたと語った。

その手紙は、売り手が中古本をストックして展示する川岸沿いの壁に固定された箱を「取り外す」ことが「不可欠」であると述べた。

警察は、「テロ行為の危険にさらされる場所やイベント」のセキュリティを確保するために、「人のアクセスと移動が規制されている」境界を望んでいます。

「パリのシンボル」

bouquinistesの88%を占めるパリ書店文化協会の会長であるJérôme Callaisは、「引っ越すつもりはない」と述べた。

「セーヌ川の責任者は、式典の日に視界を妨害するだろうと私たちに説明した」とカレーは言った。

「私たちはパリの主要なシンボルです。私たちは450年間ここにいます!彼は言った。

「これらの大会のお祝いがパリのお祝いであるべきときに、私たちを風景から消したいのは、少しクレイジーに思えます。」

ジェローム・カレー、ブーキニスト、パリの屋外書店協会の会長。© RFI/ピエール・オリヴィエ
ジェローム・カレー、ブーキニスト、パリの屋外書店協会の会長。© RFI/ピエール・オリヴィエ

木曜日、パリ市庁舎は、書店にその支援を保証し、彼らの活動が「セーヌ川の銀行のアイデンティティの一部を形成する」ことを認めるプレスリリースを発行しました。

570箱、つまり全体の59%が取り下げられると推定されています。

市当局は、ボックスの取り外しと再インストールの支払いと、その過程で損傷した箱の修理費用を支払うことを申し出ています。

彼らは、これは2018年からキャンペーンを行っているユネスコの無形文化遺産リストに参加するための書店の申請を支援する「改修」になると述べた。

しかし、Callaisは、箱のいくつかは移動するには「壊れやすい」と述べ、それらをすべて改装するのに150万ユーロかかると推定した。

(AFP)
https://www.rfi.fr/en/france/20230731-riverside-booksellers-in-paris-refuse-to-clear-out-for-olympics-2024

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks