世界の医学雑誌は、核兵器の脅威の増大を警告している

世界中の100以上の医学雑誌が木曜日に核兵器を廃絶するための緊急行動を求めるまれな共同要請を発表し、核の大惨事の脅威は「大きく、成長している」と警告した。

この呼びかけは、ロシアがモスクワがウクライナで核兵器を使用する可能性があるという薄くベールに包まれた警告を繰り返し、北朝鮮のミサイル実験を繰り返し、不拡散に向けた努力を停滞させた。

多数の医学雑誌に掲載された社説は、世界中の医療専門家に、核兵器がもたらす「公衆衛生への大きな危険」について市民や指導者に警告するよう求めた。

「危険は大きく、増大している」と、BMJ、ランセ、JAMA、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンを含む11の主要な医学雑誌の編集者が共著した社説は述べた。

「核武装国は、私たちを排除する前に核兵器を排除しなければならない」と社説は付け加えた。

世界医学編集者協会(WAME)のクリス・ジエリンスキーは、通常、独占的なコンテンツのために戦う競合するジャーナルが力を合わせたのは「並外れた発展」だと述べた。

「これらの主要なジャーナルのすべてが同じ社説を発表することに同意したことは、現在の核危機の極端な緊急性を強調している」と彼は声明で述べた。

社説は、核兵器の使用は「人類にとって壊滅的なものになるだろう」と警告した。

「世界の13,000の核兵器のうち250のみを含む「限定的な」核戦争でさえ、1億2000万人を完全に殺害し、核飢饉につながる世界的な気候の混乱を引き起こし、20億人を危険にさらす可能性がある」と警告し、以前の研究を引用して警告した。

「危険な瞬間」

国際核戦争防止医師会(IPPNW)の元会長であり、社説の共著者であるIra Helfandは、フランスの通信社AFPに次のように語った。「私たちは、核戦争の可能性が現実である非常に危険な瞬間に直面しています。」

彼は、ウクライナの反撃がロシアの領土を占領した場合、核兵器の使用を脅かしているロシアのドミトリー・メドベージェフ前大統領が今週行ったコメントを指摘した。

「脅威が本物なのか、それとも人々を怖がらせるために提唱されているのかはわかりませんが、私たちはそれらを非常に真剣に受け止めなければならないと思います」とヘルファンドは言いました。

彼はまた、日本が先週「かつてないほど」国家安全保障に深刻な脅威をもたらしたと述べた北朝鮮を指摘した。

社説は、1970年に発効した国連の核不拡散条約(NPT)の見直しのためにウィーンで準備委員会会議が開催されるのと同じ週に発表された。

昨年開催されたキーストーン条約の見直しは共同宣言を採択できず、米国はロシアからの「シニカルな妨害」を非難した。

社説は「進歩は残念なほど遅い」と嘆いた。

日曜日はまた、民間人に使用された最初の核兵器の68周年を迎えます – 米国は1945年8月6日に日本の広島市に原子爆弾を爆発させました。

(AFP)

https://www.rfi.fr/en/international/20230803-world-s-medical-journals-warn-of-growing-nuclear-weapons-threat

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1525
Enable Notifications OK No thanks