全ての基本は洗顔から【男性も必見フランス式美容術】

洗顔フォームをちょっと出して、顔に塗って泡が立ったら洗い流す。なんてことで、顔を洗ったと思っていませんか?

洗顔をきちんとすることで、肌の調子が良くなって、お肌が綺麗になります。

まずは基本をおさえておきましょう。

 

どんな洗顔料を使えばいいか?

洗顔料と言っても様々な種類があります。石けんや洗顔フォームと大きく分けられますが、その中にも様々な製品があります。有名人が使っているからと自分も良いのかと選んでもあまり良くない場合もあります。肌質が違うのだから当たり前です。

石けんを使ってから肌の調子が良くなったとか、そういう話を聞くこともあります。だからといって石けんの方が良いとも限りません。

メールマガジン購読

石けんについての詳しい説明

チェックポイントは皮脂を取り過ぎてしまわないこと。脂性肌であれば、より強力な洗浄成分のあるものを使ってさっぱりしたいと思うでしょう。しかし、そうするとお肌はさらに脂を出そうとします。これでは脂性肌は改善しませんね。脂性肌の原因は肌の保湿不足であることが原因です。

肌に水分が足りなくなると、肌は油分を出して乾燥から守ろうとします。それで脂性肌になるわけです。ですから、余計は脂は取っても保湿を忘れてはいけません。

であれば、無理に洗顔料も保湿に着目した方が良いと思います。

石けんでも洗顔フォームでも同じです。ニキビの時は注意した方が良いのですが、肌にいる常在菌は重要な働きをしています。このバランスが壊れるとニキビが発生したり肌荒れの原因にもなります。

mogans ハンドメイド ソープ
顔用の石けんで最もオススメなのはこの製品です。水よりもオリーブオイルを多く配合してアルガンオイルやシアバターも入っています。泡の立ち方も滑らかです。洗い上がりも突っ張ったりせずしっとりしています。

ハンドメイドだから良いとは言いません。ハンドメイドの石けんの中には攪拌が中途半端だったり鹼化という油分と水酸化ナトリウムがしっかり反応していない場合があります。しっかり寝かされてから出荷されていてかなり品質が高いと思います。

泡がクリーミーになるだけの石けんやマイルドなだけの石けんは良くありますが、ここまでしっとりするのはなかなか無いと思います。石けんにしては高いと思いますが、丁寧に扱えば半年は持ちます。

クレンジングはすべきか?

化粧をしていたらクレンジングは必須ですが、ノーメイクの日は必要無いと思いますよね。クレンジングも肌に負担になりますので、出来ればしない方が良いのです。

しかし、化粧水以外にも乳液やクリームを塗るでしょうし、肌から分泌した皮脂が出ます。1日も経てば酸化したりと、肌に有害になります。取り除くには洗顔フォームよりもクレンジングの方が良いのです。

ノーメークの時にはミルククレンジングや水性ジェルクレンジングなどを利用して、負担の少ないクレンジングをした方が良いでしょう。

二度洗いはすべきか?

W洗顔ではなくて、石けんで2度洗うという意味です。

クレンジングをしない場合、石けんで洗顔する方は2度洗顔するのが良いと思います。1度目は皮脂や油分を取り除きます。この時泡立てネットで泡を立てても、顔に塗るとだんだん泡が弱くなった感じがすると思います。しかし洗い流し二度目は、とても綺麗な泡立ちが続くでしょう。

1度目では汚れが落ちきれていないとおもいます。石けんを使う場合は2度洗いが良いと思います。

石けんは泡立てネットを使おう

石けんは手でくるくるして、石けん成分を手に付けて、顔に塗ると思います。顔を擦ることで泡が立つという洗い方をしていると思います。

このやり方が良くない点は2つあります。

一つは泡が立つ間、摩擦が生じ肌に負担がかかります。

2つ目は、しっかり泡が立たないので汚れが落ちにくいという事です。

石けんを泡を立てると石けんの表面積が広がります。石けんの汚れや油分を吸着する部分が多くなるので、汚れがたくさん落ちやすくなるのです。

事前に泡立てネットで泡を立て、それを顔に塗って優しくマッサージするように洗うことで、より優しく丁寧に洗うことが出来るのです。

しっかりすすごう

石けん成分も肌に付着したままになっていると、これは肌に負担になりますし炎症を起こす要因になってしまいます。また、汚れもついたままです。泡が切れたからといってそこでお終いにしてしまうと、実際はまだ石けんや汚れが残っているのです。

ですから、洗顔したらすすぎもしっかりしましょう。

化粧水はできるだけ早く

洗顔を終わったら、出来るだけ早く化粧水などを塗りましょう。

洗顔したら肌には油分が足りない状態になっています。そのため、肌を乾燥させてしまう原因になります。

肌が少し濡れていることで、肌表面の水分が蒸発する際、さらに肌の水分も一緒に連れて行ってしまうのです。ですから、早めに保湿をしておきましょう。

洗顔後5分以内といわれています。お風呂に入っている時は、お風呂の中は湿度が高いので大丈夫です。お風呂から出て5分以内が良いでしょう。お風呂の脱衣所に洗面台など化粧水などを置いておくスペースがあれば、そこで最初に何か塗っておくのも良いと思います。

一旦お風呂から出ると、何かとやることがあり、肌のお手入れが後回しになることがあるでしょう。化粧水だけでも塗っておくと随分違います。

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks