フランス農家20年前の賃金水準に

フランス農業省が発表した統計で、フランス農家が窮地に追い込まれていることが明らかになった。農家の収入は昨年から今年にかけて平均して34%減少しており、2年間で比較すると半分以下に落ち込んだという。

最も大きい下げ幅をみせたのが酪農で54%の減少となった。野菜果物を取り扱う農家も同じく大幅に収入が減っているが、生産量は昨年と変わらず、原価が値下がりしていることが原因。農家の収入は20年前の賃金水準まで下がっており、農業大国フランスが窮地に立たされているといったところだ。

ちなみに、フランスの最低賃金は来年1月に0.5%アップする予定。月35時間労働で1343.77ユーロとなる。労働者に対し、最低賃金を支払い続けることができるのか。農家の問題は続きそうだ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  2. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  3. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  4. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  5. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  6. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  7. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
ページ上部へ戻る