フランス農家20年前の賃金水準に

フランス農業省が発表した統計で、フランス農家が窮地に追い込まれていることが明らかになった。農家の収入は昨年から今年にかけて平均して34%減少しており、2年間で比較すると半分以下に落ち込んだという。

最も大きい下げ幅をみせたのが酪農で54%の減少となった。野菜果物を取り扱う農家も同じく大幅に収入が減っているが、生産量は昨年と変わらず、原価が値下がりしていることが原因。農家の収入は20年前の賃金水準まで下がっており、農業大国フランスが窮地に立たされているといったところだ。

ちなみに、フランスの最低賃金は来年1月に0.5%アップする予定。月35時間労働で1343.77ユーロとなる。労働者に対し、最低賃金を支払い続けることができるのか。農家の問題は続きそうだ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-9-1

    仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  3. 2009-5-4

    便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  4. 2011-1-4

    国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. 2005-11-20

    江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  6. 2006-1-25

    子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  7. 2010-7-2

    フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
ページ上部へ戻る