ベリョータ・ベリョータのイベリコハム |伊勢丹新宿フランスウィーク


ベリョータ・ベリョータは、第一に生産者ではなく、最高のイベリコハムをセレクトしていること。
最高のクオリティーは何よりも重視している。
スペインには、4つの優れた生産地があり、その中からセレクトしている。
(今回は2ヶ所の地域の製品を紹介している)

ただ単にハムを届けるということではなく、
茶道のように、食べる様式というものも提案している。
ハムは合う程度温かい方が、脂肪が溶けて美味しい。よりなめらかに口当たりにある。
そのためにガラスや陶器の特別な器を作り、ろうそくの炎で暖めて食べるというものだ。
他には無いものだろう。

ベリョータの方程式
5キロのハムを獲るために、170キロの豚、
2ヘクタールのドングリ(えさ)
およそ5年の飼育期間が必要である。
このように手をかけられて作られているのがベリョータ・ベリョータのハムの特徴だ。

期間中会場には、イベリコ豚のハムをスライスする職人が二人来てサーブしてくれるようです。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  2. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  3. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  4. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  5. espace sans tabac

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
ページ上部へ戻る