ベリョータ・ベリョータのイベリコハム |伊勢丹新宿フランスウィーク


ベリョータ・ベリョータは、第一に生産者ではなく、最高のイベリコハムをセレクトしていること。
最高のクオリティーは何よりも重視している。
スペインには、4つの優れた生産地があり、その中からセレクトしている。
(今回は2ヶ所の地域の製品を紹介している)

ただ単にハムを届けるということではなく、
茶道のように、食べる様式というものも提案している。
ハムは合う程度温かい方が、脂肪が溶けて美味しい。よりなめらかに口当たりにある。
そのためにガラスや陶器の特別な器を作り、ろうそくの炎で暖めて食べるというものだ。
他には無いものだろう。

ベリョータの方程式
5キロのハムを獲るために、170キロの豚、
2ヘクタールのドングリ(えさ)
およそ5年の飼育期間が必要である。
このように手をかけられて作られているのがベリョータ・ベリョータのハムの特徴だ。

期間中会場には、イベリコ豚のハムをスライスする職人が二人来てサーブしてくれるようです。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  2. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  3. フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  4. 中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  5. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial