ベリョータ・ベリョータのイベリコハム |伊勢丹新宿フランスウィーク


ベリョータ・ベリョータは、第一に生産者ではなく、最高のイベリコハムをセレクトしていること。
最高のクオリティーは何よりも重視している。
スペインには、4つの優れた生産地があり、その中からセレクトしている。
(今回は2ヶ所の地域の製品を紹介している)

ただ単にハムを届けるということではなく、
茶道のように、食べる様式というものも提案している。
ハムは合う程度温かい方が、脂肪が溶けて美味しい。よりなめらかに口当たりにある。
そのためにガラスや陶器の特別な器を作り、ろうそくの炎で暖めて食べるというものだ。
他には無いものだろう。

ベリョータの方程式
5キロのハムを獲るために、170キロの豚、
2ヘクタールのドングリ(えさ)
およそ5年の飼育期間が必要である。
このように手をかけられて作られているのがベリョータ・ベリョータのハムの特徴だ。

期間中会場には、イベリコ豚のハムをスライスする職人が二人来てサーブしてくれるようです。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  2. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  3. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  4. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  5. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  6. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  7. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
ページ上部へ戻る