ヨーロッパのワインのすべての状態

スウェーデンのシャルドネからイタリアの水中ブドウまで、ヨーロッパのワインは間違いなく流動的です…1990年にIPCCの科学グループが最初の報告書で発表したように、異常な降雨や顕著な干ばつの影響を受け、その数は増加の一途をたどっています。欧州の主要生産国であるフランス、イタリア、スペインでは、ブドウの収穫量が減少しています。

世界の生産量の15.6%を占める欧州第3位の生産国であるスペインでは、今年は収穫が短かった。しかし、だからといって、専門家たちは、昨年よりも質が高いと予測しています。ダイアン・カンボンのマドリッドでの説明です。

フランスのブドウ畑は、ヨーロッパで最も悪天候の影響を受けており、今年のワイン生産量は30%近く減少すると予想されています。今回も大雨によるベト病が原因で、一部の地域では遅霜も発生しています。これは、3年連続の干ばつの後のことです。そのため、ワイン生産者は、ブドウの木の手入れの方法を見直し、それに適応するための解決策を模索し始めています。アンジェリック・フェラットによるアルザスでのレポートです。

水でワインを作ることは可能です。Accents d’Europeでは、イタリアのエルバ島、正確にはトスカーナ地方に行きます。数年前から、あるワイン生産者が他にはないワインを作っています。彼のブドウは、島の沖合の海水の下で熟します。この画期的な技術は、ギリシャの伝統に基づいています。オリビエ・ボネルは、この特別なネクターのすべてを知るために現地を訪れました。

味覚は、嗅覚がなければ何もできない…。また、匂いには愛好家もいます。歴史家、人工知能の専門家、化学者、調香師などが、3年がかりでヨーロッパの嗅覚遺産の百科事典を編纂するという、オランダで始まった驚くべき取り組みがそれを証明しています。16世紀から現代に至るまで、最も有名で広く普及している匂いをリストアップし、識別します。美術館では、作品と一緒に香りを楽しむことが多くなりました。例えば、ナポレオンの香水「4711オーケルン」は再合成され、絵画「ワーテルローの戦い」が展示されているRijksmuseumに展示されています。しかし、この取り組みはそれだけではありません。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/accents-d-europe/20211015-le-vin-européen-dans-tous-ses-états