アルコール消費量は減少するが、高いまま

フランスでは、アルコール消費量は数十年前から減少しており、近年その傾向が確認されています。これは、フランス・サンテ公認局が実施した研究から明らかになったものです。しかし、消費レベルは依然として非常に高い、と代理店は指摘する。その国は、最もアルコールが飲まれるヨーロッパの国の1つです。

フランス人は1960年代からますますアルコールを飲んでいる。この傾向は、主に何世代にもわたってワイン消費の減少によって引き起こされ、これは結果であり、サンテ・パブリック・フランスの研究、文化の発展、公共政策の実施、特に1990年代初頭以降のアルコール広告の強い制限(1991年のエヴァン法)の著者を思い出してください。

時折のアルコール依存症

したがって、1992年には、成人の4分の1が毎日飲んでいました。2021年にはわずか8%でした。毎週の消費に関しては、2000年には成人の60%が毎週飲んでいましたが、2021年には40%でした。一方、それは時折重大なアルコール化(「ビンジ飲酒」)と呼ばれるものについて同じ傾向ではなく、一度に6杯以上のグラスを飲んでいます。その年にこの種のエピソードを患った男性の割合は2005年以来安定していますが、女性の間では増加しています。

積極的なマーケティング

全体として、女性は男性よりも飲酒量が少ないままですが、彼らの行動は男性の相手に近いです。この研究は、特に女性を対象としたアルコール業界の積極的なマーケティングを指摘している。著者はまた、アルコールの危険性についての認識の遅い進化を強調しています。成人の10人に1人だけが、時折の消費が健康上のリスクをもたらすことを知っています。

アルコール摂取は年間約41,000人の死亡の原因であり、早死の最初の危険因子の1つであると保健機関は振り返るが、フランスは「国家管理計画を持っていない」。

(AFP付き)

https://www.rfi.fr/fr/france/20240123-france-la-consommation-d-alcool-baisse-mais-reste-élevée

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1516
Enable Notifications OK No thanks