世界の味覚シャンパーニュ!

私たちは今年2017年を、泡なしで、このアペラシオンと原産地が保護されている爽快なワインなしで、その名前だけで祝祭、喜び、お祝い、一言で言えばクレマンス・ドナヴィなしで始めるつもりはありませんでした:シャンパーニュなしで!

シャンパン、液体の笑い、きらめく金!?

今や「シャンパン」という言葉だけで、ブラボーやコングラチュレーションに取って代わられている。祝う、祝われる、感謝されるシャンパン:元々なかったスパークリング! シャンパーニュはスティルワインで、赤、時にはグレーもありましたが、今日私たちが飲んでいるような喜びに満ちたゴールドではなかったのです シャンパンと呼べるのは、フランス北東部、ランスとトロワの間に位置するシャンパーニュ地方の、明確で保護されたテロワールで育ったブドウを使ったワインだけである。シャンパーニュには、A.O.P.(原産地呼称保護)があります。シャンパンは主にシャルドネ、ピノ・ムニエ、ピノ・ノワールの3品種から作られています。ヴィンテージ販売も可能です。特に良い年の収穫物は、分離して醸造します。ノン・ヴィンテージ・ブリュットは、同じメゾンのブドウ品種と年数をブレンドしたもので、ドメーヌの骨格であり、アイデンティティ・カードとなるものです。

 

白、ロゼ、ゴールドなど、シャンパンにはいくつかの色があります。ロイター/コミテ・シャンパーニュ

シャンパーニュ地方には、世界的に有名な偉大なメゾンはもちろんのこと、多くのシャンパンメーカーがあり、同じ愛情と伝統のもとに、シャンパンという黄金の笑いを育み、生産しているのです。

このコラムのゲストであるジャン・バティスト・ドニサールは、妻、義父とともにアンドレ・ロベール・シャンパーニュのオーナーである。コート・デ・ブランのメニル・シュール・オジェに位置し、この海岸の名前が示すように白ブドウのシャルドネを主に使用しています。

世界の味覚シャンパーニュ!| アンテンヌフランス

https://www.rfi.fr/fr/emission/20170101-champagne-fete-denisart-andre-robert

メールマガジン購読
Default image
Antenne France
Articles: 710