新型コロナの参照機関である科学評議会の終了について

2020年3月16日(月)、新型コロナ流行の第一波の最中、センセーショナルなニュースとして登場したのです。科学評議会は、フランス人の生活の中で中心的な役割を果たした2年間の活動を終え、7月26日(火)にその場を離れることになりました。

すでに実施されている規制にもかかわらず、大規模な集会が全国で行われた週末の終わりに、科学評議会は2020年3月16日(月)、国民が事態の深刻さを測りかねていると考察した。イタリアの例にならって「一般的な厳重監禁」を推奨している。

その数時間後、エマニュエル・マクロンは「戦争状態にある」フランスについて語り、評議会を構成する科学者の意見に基づき、最初の封じ込めを発表しました。

自分ではどうしようもない例外的な状況に対処するために、政治当局は明確かつ迅速な回答を必要としています。

国家元首の呼びかけによる科学会議が不可欠になりつつある。フランス人の生活を彩る記者会見で、オリビエ・ヴェラン保健相の隣にいるジャン・フランソワ・デルフリスキー会長の顔のように。

しかし、時が経つにつれ、執行部は評議会からより独立するようになった。政府はもはやその勧告のすべてに従わず、あるいはα変種が2021年前半に病院の飽和の恐れにつながるときのように、特定の閉じ込めについて後日、勧告を遵守している。

それでも、最後まで専門家としての仕事を続けています。7月19日、「Living with variants」と題する最終見解が発表された。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/france/20220726-france-clap-de-fin-pour-le-conseil-scientifique-l-instance-de-référence-face-au-covid

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667