フランス:気候変動の時代にワインをどう作るか?

気候変動の影響を受けるのはすべての農家ですが、中でもワイン生産者はより大きな影響を受けます。気候によって原料であるブドウが変わるだけでなく、ワインの特徴も変わってしまうのです。今回は、世界有数のワイン産地であるラングドック、特にテロワールの質的復活を象徴するピク・サン・ルーのアペラシオンを取材した。

2016年、歴史的な雹の嵐が起きて以来、気候的な事故がない年はない。今年の夏は暑さの記録は更新されなかったが、ほぼ2ヶ月間、雨も降らず35度から40度の気温が続いた。だから、ワイン生産者は耐え忍び、適応しなければならないのです。

フレデリック・フォウ氏による大規模なレポート「気候変動時代のワイン作り方」。

[ja] grand_reportage_20221010.mp3 – powered by Happy Scribe

RFI問題はレンヌに帰結する。

主要なルポルタージュのほとんどをライブで過ごした人。

今回、初めて気象現象について

メールマガジン購読

はラングドックにあるのですが、その傍らには

が劇的に変化し、その後、収入のほぼ100%を失うという大規模な事態に陥りました。

広い面積の農作物の

今年は、夏全体が35度から40度です。

毎日、毎日、雨が降らない。

ゲームのルールは非常に不確かなので、ワインメーカーは適応しなければならない。

すべての農家が影響を受ける

は気候変動による影響を受けますが、ワイン生産者は他の生産者よりも大きな影響を受けます。

気候の変化だけでなく、彼らの

原料であるブドウだけでなく、ワインのプロフィールも変わるのです。

今日、グランド・ルポルタージュがあるのは

世界有数のワイン産地、ラングドック地方。

そして、より正確には、その呼称において

ピク・サン・ルーは、この街の質的更新のシンボルです。

2016年以来のテロワールと、歴史的な雹の嵐。

気候的なアクシデントのない年はない。

今年は暑さの記録は更新されなかった。

が、35度から40度の間で、ほぼ2ヶ月間、雨が降らなかった。

だから、ワイン生産者は耐え忍び、適応しなければならないのです。

気候変動時代のワインづくりをどうするか?

Frédéric Fau氏による素晴らしいレポートです。

そうそう、いいじゃないですか。

収穫の初日は、いつも収穫者にとっては特別な瞬間です。

それは、野外で、自然の中に身を置くことの喜びです。

旧知の仲でぶどうを刈りながら

セルヴァーヌとブノワ・ヴィオットの畑で、ブドウの香りがするとき。

腐りかけの酢。

残っていたりします。

全体が肉感的で、泣けると思えばいいのです。

は、何よりもまず、集団的かつ個人的な喜びである。

今日は運がいい、天気がいい、日向ぼっこしている。

しかし、社長のブノワ・ヴィオにとっては、そんな場合ではないのです。

常に空と蔓に目を向けながら、リラックスする。

彼は、これからの日々が決定的なものになることを知っている。

そうでないワインメーカーをほとんど知りません。

一日に15回も天気予報を見ないこと。

ウェザーステーションが2台余っているんです。

が、6月中旬からは、常にスキャンしています。

問題は、ワインの品質です。収穫の日。

これがワインのバランスとタンニンの成熟度を決定するのです。

実は、私たちは熟した果実を収穫しているのです。

熟す前に摘んでしまう多くの果物と違い、熟す前に摘んでしまう。

しかし、数日後にはそれが変わる可能性があります。

これらはすべて天候と連動しており、天候もすべてを左右するかもしれません。

出発が早すぎる。

メロンを作っています、そうです、とても甘いんです。

が、枯れているわけではなく、とても甘く、とても美しいのです。

皮がとても薄い品種もあります。

皮膚が非常に薄い方

その後、2~3日雨が続くと、腐る恐れがあります。

それです、いつも、いつも同じです。

収穫は1年に1回だけなので、すべて一度に行います。

しかし、もし彼が

は、年間を通じて暑い日が続いているにもかかわらず、今年も続いています。

夏場は期待できそうですが、これからという時。

秋の初霜とともに収穫できる時期はとっくに過ぎている。

この夏、彼女が経験したことを考えれば。

を見ると、まだ葉が緑色であることがわかります。

早々に房が膨らんでいるのが確認できる。

花まで咲いて、ブドウに付いている粉が薄くなっているんです。

そして、ブドウがピカピカになる。

そして、その中身を見ていきます。

なによりも、色が出るかどうか。

そして、果肉を除いた皮だけを味わうのです。

とても、フルーティーであることが感じられます。

ブドウが少しトーストされているのがわかると思いますが、これは熟成の証です。

そう、しっかり味見をして、種もパクパク食べて、それで出来上がったという感じです。

収穫できるのは8月24日で、これまでで一番早い日です。

ワインメーカーとしての20年間で、たくさんのブドウの収穫を経験しました。

事故死

であり、1980年代以降、世界的な現象となっています。

収穫の時期が平均3週間ほど早まった。

土地で働くすべての人が、気候変動の影響を受けています。

儚い果実を、繊細な仕事で変身させるワイン生産者たち

は、他の人よりもそうです。

ジャン・マルク・トゥザール

モンペリエのINRAで、国家プログラムを共同監督しています。

このテーマで10年間、約100人の学者が集まった研究プロジェクト。

ワイン生産者、他の俳優と同じように

が、他よりも気候変動に非常に敏感であった。

つるの剛士はサラダではありません。

微気候に合わせたテロワールの選択にまで踏み込んだのだ。

マーケティングの面でも、素晴らしいものを発明するまでになった。

ヴィンテージという概念、それは気候的な傾向のないものです。

しかし、この気候変動は、これまで

は常に存在し、私たちは気候変動に移行しています。

これには、大きく分けて3つの効果があります。

温暖化が進行し、その影響が特に進んでいる。

ブドウの発育の全段階の

芽吹きの時期が早く、長くなる

そのため、より早く収穫することができます。

糖度との対決、酸味の減少。

歌、切れ、変化が本当によくわかります。

本当は1980年代以降

と、少なくとも南仏では、夏の降雨量の減少を分担しています。

そして、3つ目の要素として、変動幅の拡大が挙げられます

と、それに伴う干ばつ、ひょう、洪水などの極端なリスク。

1年ごとに、あるいは1年以内でも、これらの出来事の順序についてである。

の、未公開映像が一挙に登場します。

特に冬は暖かく、その後冷え込みます。

その後、干ばつが続き、最後には雹が降りました。

これらは

は、150のワイン生産者を抱えるピック・サン・ルーにあります。

長い間、私たちはこれらの危険から安全であると思っていました。

ここでは、葡萄の木は山によって強い風から守られている。

森の存在が大きいので、ある程度の湿度も保たれています。

特別なテロワールが、わずか

モンペリエから北に30キロほど行ったところにある。

アペラシオンの社長でもあるブノワ・ヴィオー氏から贈られたものです。

ピック・サン・ルーの風景、そこに見えるんですね。

葡萄畑の風景が広がり、木々や植物が見える。

緑が多いですね。

そして、そのように差し込まれたつるは、真ん中の、木の真ん中に。

遠くにはモンペリエの小山、ピック・サン・ルーが見える

は、高さ700mで動き続けています。

斜面にいるんだから、地中にいるんだから。

は、やはり石が多くてやりにくいですね。

小石が土の代わりになる。

だから、土の肥沃度が少し落ちる。

だから、つるの成長を少し抑えて、この実を好んでつけるようになるのです。

それから、とても興味深いのは

は、結局のところ、石は水を蓄えるものだということです。

常に小さな水の膜がある

土の中の小石の周りに、小さな水を蓄えているのです。

を挿入し、根を滑らせる。

そして、ここにいる誰もが記憶している震災がありました。

実感したのは、2016年8月16日の雹(ひょう)の嵐の時だった。

その結果、1300ヘクタールあったアペラシオンの半分が切り刻まれた。

それ以来、気候的なアクシデントがない年はほとんどない。

この雹は、収穫の2週間前に降ったということで、劇的な出来事だったわけです。

実際、もう少しでサイクルが終わり、すべてを失うところです。

を初めて見ました。

ラングドック地方で発生した大規模な気象現象。

歴史的に見れば、56年のフリーズの話です。

それだけです。しかし、そこにはドラマチックな一面もあった。

そして、マッシブ。

収穫のほぼ100%を広大な土地で行う人たちと。

2000 18年、2019年8月がありました。

6月中旬には、50度近い風が吹いていましたが

というのは、髪を乾かす効果があって、つるつるに焼けるのです。

2021 56フリーズにやや近いフリーズ、すなわちIブラック。

今年は、夏全体が35度から40度です。

毎日、毎日、雨が降らない。

ゲームのルールは非常に不確かなので、ワイン生産者は苦しんでいます。

単純に適応しているのです。

この温度上昇は、やはり

水へのアクセスが困難な地域では、より問題です。

だから、ここ数年は

Pic Saint-Loupのワイン生産者たちは、灌漑のタブーを破った。

ヴァル・フロレス城のファビアン・ルブール氏がたどった道です。

手に持っているのは小さなブドウの房

収穫時に生えた

彼によると、地獄に落ちようとしているこの風土の象徴だそうです。

若いツルの芽が並んでいる中で、ひときわ目立つ小さな房です。

この時期、ブドウの収穫が行われているのだから驚きだ。

そんな風に出てくるのはクラスターではありません。

これをどう説明するのですか?

この夏、多くの被害を受け、ほとんど成長しなかったブドウの木が、今では

春はとても乾燥していたので、水を与えて再び成長させることができます。

そして、夏はとても暑く、乾燥していました。

今、ブドウ畑は再び活気を取り戻しています。

そこで、2ヘクタールの灌漑を行うことにしたのです。

を設立し、貯水池の建設も計画しています。

数年前まで、この南仏の地では

このような地域は自給自足であるべきだと考えています。

現在では、ブドウの木の間に小さな黒いプラスチックのパイプが通っています。

ほとんどの場合、1ヶ月になります。

7月上旬から7月下旬、8月10日までの1ヶ月半の灌漑期間。

短時間で、まるで嵐のように。

灌漑については、ややネガティブなイメージがあります。

理由は定かではありません。

時には知識不足も。どうだろう。

海外で仕事をしたことがありますが、ほとんどすべてが灌漑されています。

男爵からの水もありますが、ネットワークは非常に狭いです。

そこで、貯水池を作り、男爵の水を入れてしまおうというものです。

しかし、冬場は誰も使っていないため

は、水槽が1万立方メートルなので、あまり大きくないんです。

でも、その後、30〜50ヘクタールの灌漑ができるようになれば、それはそれで面白いのでは?

はい。

各ワイン生産者は、それに適応しようとする

この新しい状況に対応するために、数キロメートル移動するだけでよいのです。

と思っていたら、全く違う道を歩んでいた。

Christophe Pérusse(クリストフ・ぺルセ)氏。

クロ・マリー、ピック・サン・ルーでの参考資料です。

線路に飛び乗るジープで

ロレット村にある素晴らしい土地に案内してくれました。

彼にとって、気候変動との戦いは、つるべ落としのようなものでもあります。

自然との調和、土の保存。

を持ち込むことが第一の考えです。

環境中のビオトープや私たちのいる環境について、少し考えてみたいと思います。

私たちは、ワイン業界に身を置いています。

若い人たちがトリュフ・オークを植えるために、つるを取り除いたのがわかりますね。

そこに、オリーブの木がある、オリーブの木がある。

天然実生なので、土着の実生、そこにあるものなんです。

植生カバーについて

葡萄の木の列の間に置いて、冬の間はそこに置いておく。

だから、土を運んでくれるし、土も持ってくれる。

浸食に効く

これによって、葉っぱが移動せずに収納できるようになります。

そして、そこの溝、彼女はそこに留まって話をするのです。

に、枯葉、葉、蔓の葉のことを伝える。

ほら、これだけ高密度のつる植物ですからね。

太陽が昇るとき、想像することができます。

と12時以降に少し角度をつけると、よく影ができます。

2メートル先にある隣のブドウ園よりも効率的です。

25 だから自己防衛。海へ行くとき。

日傘やお昼寝のときにも使えます。

飛行機の木の上でやるんだから、太陽の下ではやらない。

これは本当に持っていない風景です。

このワイン産地では見慣れない

つまり、私たちが見慣れているブドウ畑は、単一の

縁に木がある。

しかし、そのブドウ畑の目前にはオリーブの並木が続いている。

オリーブの木の並木道であり、オリーブの木であることができるのは、ユニークです。

アーモンドの木ではなく、リンゴの品種かもしれません。

このアグロフォレストリーという考え方。

というのは、ちょっと聞いてみたい流行語ですね。

25年前から私たちのブドウ園に招待しているんです。

競合他社はどうでしょうか?

つるは、彼を助ける。

観察し、対応する。

あとは、かかとで地面の柔らかさを見ます。

耕していないのに、スポンジのように沈み込んでいく。

この土地の浸透が少し吹っ飛んだということですね。

でも、同じように足を入れたら、成功する確率は高くなる。

耕す作業では、自由度は高くありません。

根っこの部分が効いているんですね。

最初の20〜30cmで

ブドウの木の栄養の地平線を実感できますね。

その中にミミズや小さな昆虫など、あらゆるものが入り込みます。

これらの動物たちは、この有機物を分解し、環境に戻してくれるのです。

を直接表示するのに対して、フロアを開けると

を耕し、それを劣化させるのは太陽である。

制約がある、逆カンマの制約がある。

それは、この木が真ん中にあることです。

のため、収穫機は使えません。

いや、でも、使うのは論外です。

先ほどの水の話と同じですね。

置かれる可能性のある時期外れの散水には反対です

自分たちを救うのは、これしかないと言うことです。

水を使うことを考える前に、これを持てばいいんです。

だから、本当に農業のシステムを考えてください。

アルバム『Cool』で、ブノワ・ヴィアウは真のカムバックを果たした。

収穫は終わり、2回

週に一度、ワイン醸造家と会い、樽の熟成具合をチェックする。

と、冬に行われる今後のアセンブリについて考えることです。

私は民俗学者のステファニー・ボノーと申します。

発酵がうまくいっているかどうかを見ています。

赤ワインの抽出はどのように行われるのですか?

これはとても重要なことです。カラーは来るのか?

タンニンは来るのか?

しかし、ここでは本当に断片的な選択になっています。

1つ1つの小包がタンクを作る、それがポイントです。

なぜなら、タンクの種類が多ければ多いほど、です。

常にパレットをイメージして撮影しています

パレット上のカラースポットが多いほど

ワインのブレンドの後に行うこと。

この夏、地方で。

暑さの記録は更新されなかったが、かなりの暑さがあった。

は、約2ヶ月間、雨が降らない状態が続きました。

その結果どうなるのか?

感じるか?

ジュースを味わうと、口の中で感じることができるのでしょうか?

だから、どこもかしこも実感がわかなかった。

今年は、それを大いに実感しました。

2019年、例えば2019年を比較すると、私たちも非常に大きなホットストリークが見られました。

そして今、本当に。

糖度が高く、タンニンが豊富で、非常に凝縮したワインであることがわかりました。

今年は収穫が多かったですね。

つまり、ブドウの木にたくさんの房があったのです。

昨年は凍結してしまったこともあり

だから、常にこの交互作用があるんです。

霜が降りた翌年は、いつもより多くのブドウを収穫することができ、ブドウの木がそれを補ってくれます。

しかし、このままでは

この先、もっともっと砂糖が増えたら。

ということは、アルコールが増えると、ワイン造りはどうなるのでしょうか?

すべてが非常に熟している場合、熟しすぎている?

範囲の中の範囲を作ることができなくなりました。

しなければならないエントリー製品があるのですね。

少し軽く、少し消化がよく、少し飲みやすい。

となるトップオブザレンジ。

ワイン、オケージョン、エトセトラ。

毎年、アルコール度数の高いものばかりを揃えています。

タンニンが豊富なため、これ以上差を広げることはできません。

だから、最小サイズは言う。

だから、下流でのアプローチが面白いんです。

では、その解決策は?

フランス研究所

モンペリエ近郊の農学研究センターでは、世界最大のコレクションを管理しています。

暑さに強い外来品種を取り入れたブドウ品種

や干ばつなど、現場で試行錯誤しています。

ここでリンネが選んだ植物は

を開発し、モンペリエのキャンパスで本格的なテストを行っています。

ジャン・マルク・トゥザールが、他にはないブドウ畑を案内してくれる。

1本1本のつるを鉢に、何百もの鉢に。

非常に精密な統計解析ができるようになったのです。

例えば、ある論文を

の重要性を明確に示しています。

夜間調節、体温、発汗

干ばつ適応のため、より早く正確に。

しかし、私たちは、あることを見た。

トマトの収穫を邪魔していたブドウの品種と、ある種のブドウの品種。

は、全体の水使用量を20%削減することができました。

そして、どの遺伝子がこの制御に関与しているのかを確認しました。

この遺伝子

気候変動に適応するために、私たちが関心を寄せているものです。

は、新しい品種の作成に含まれます。

ワイン生産者が選んだのは

何世紀にもわたって、今日もいい香りのする気候に合わせたブドウ畑を作り続けています。

少し条件を見直す必要があるので、他を探します。

私は、「ここで適応されるギリシャやイタリアのブドウ品種を想起させよう」と言ったのです。

このようなテストを行っています

を、ラングドックのアペラシオンの中に入れています。

の4つのブドウ品種、イタリアのギリシャが公認されている。

こちら側の貢献は、明確で、そう、本当にシャンパンの中なんです。

仕事のためと思いつつも、ついついやってしまう。

狙いは、やはり熱の影響を抑えることです。

ブドウの木の生産性を低下させる

となり、酸を失い、アルコールを増加させるワインになります。

ラングドックでは、平均アルコール度数が11.5度から14度まで上がっている。

しかし、ワイン生産者たちは、努力の結果、一定のバランスを保つことに成功した。

これは、モンペリエで有名なワイン商のフレデリック・ジャンジャン氏の観察によるものである。

彼はアルブシエのボトルを開ける

ピック・サン・ルー初のドメーヌのひとつ、マス・ブルジュール

は、1986年、つまり開店直後のワインを瓶詰めしている。

と赤い果実の香りがする、ロマンティックな、そしてもちろんラングドックエリア。

少し目を閉じて

をガリガリと口の中に入れていく。

非常にベルベットのような繊細なもの。

ほどよい酸味が、このアロマを少し長持ちさせる。

このまま気温が上がるとどうなるのでしょうか?

なぜ、ワイン生産者と話すときに問題になるのでしょうか?

彼らにとって、一番の関心事は?

酸欠になりそうな印象があります。

中火にすればするほど、酸味が強くなる。

グルメなワインを用意する予定です。

そして、若い果実と熟成度の低い果実について。

ちょっと弱気な面も?

そうですね、少し重くなりますね、絶対に。

そして、その進化を理解したワインメーカーの実例がここにあります。

いわゆるブドウ品種を使用することで、テロワールと気候の両方の特徴を生かしています。

アンバランスで驚き、心が揺さぶられるようなところがあります。

決して悲観論者ではないのですが、ここでご紹介します。

味見させてもらう。それは言うまでもないことです。

アグロノミストにとっては、まだまだ生産が可能でしょう。

2050年まで、フランスやその他の国々のテロワールワインの

その後、もし地球温暖化が

が収まらない場合、小さなバブルのリスクで何も保証されない。

では、気候変動の時代にどのようにワインを作ればいいのでしょうか。

Frédéric Fauによる大規模なレポートです。

監督:Guillaume DUFAY(ギョーム・デュファイ)。ウルトラ

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/grand-reportage/20221010-france-comment-faire-du-vin-en-temps-de-changement-climatique

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks