フランスのカキ農家は、ノロウイルスが顧客を怖がらせるため、評判の損害を恐れています

ヨーロッパ最大のカキ生産国および消費者であるにもかかわらず、フランスはノロウイルスによる食中毒の波の後、需要の減少に直面しています。

木曜日、クリスマスイブにゾーンから牡蠣を食べた後、4人が食中毒を報告した後、Vendee県は木曜日にTalmont-Saint-Hilaireのカキベッドを閉鎖しました。

12月末、ボルドー近郊の西海岸にあるアルカソン湾の他の3つのカキベッドと、北部のカルバドスとマンシュの一部も収穫を禁止されました。

排水処理が洪水し、未処理の下水が海に洗い流すため、大雨は汚染されたカキベッドの原因です。

これらの地域の多くの生産者は現在、牡蠣や貝の販売を妨げられています。

消費の減少

閉鎖はフランスの375人の牡蠣生産者のごく一部にしか影響を与えませんが、消費者はノロウイルスによって引き起こされる嘔吐や下痢を避けるために避けています。

生産者は、地域が安全であることを消費者に安心させていますが、まだ売上の減少を見ています。

シャラント・マリティーム地域西部の地域貝生産者協会の責任者であるフィリップ・モランドーは、彼の地域には汚染がなかったが、彼の売上高は25〜30%減少したと述べた。

「人々は大きな見出しを読み、場所を保持せず、「オイスター」という言葉だけ」と彼は言った。

政府の対応

フランスの海事担当副大臣エルヴェ・ベルヴィルは、牡蠣産業を「地域経済にとって不可欠な部門」として認めた。

彼は、政府は消費者を保護しながら、影響を受けていないサイトからの農産物の安全性について消費者を安心させたいと述べた。

バービルによると、彼らはまた、一時的な閉鎖によって直接影響を受けない人々からでも、損失を相殺する準備をしています。

2020年初頭、当局はまた、廃水処理による汚染のためにブルターニュのカキベッドを閉鎖した。

https://www.rfi.fr/en/france/20240106-french-oyster-farmers-fear-for-reputation-as-norovirus-scares-off-customers

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks