フランスは雨なしで31日間を過ごし、夏の水に対する懸念を提起します

フランス本土で大きな雨が降ってから1ヶ月が経ち、記録を更新し、昨年の深刻な干ばつで枯渇した水の備蓄に対する懸念が高まっています。

2023年2月は、1959年以来、記録上最も乾燥したものの1つであることが判明した、と気象局Meteo Franceは火曜日に述べた。

1月21日(31日連続)以来、全国で1日1マイル未満の降雨量が記録されており、2020年4月に記録を更新しました。冬の乾季の以前の記録は1989年の22日でした。

乾燥した条件のために火災が発生し、2月初旬にペルピニャンの近くで60ヘクタールが燃え、マルセイユ周辺のブーシュ・デュ・ローヌで火災が発生しました。

この冬の雨不足は、フランスの飲料水の3分の2と作物の灌漑に使用される水の3分の1を提供する地下水に対する懸念が高まっています。

地下水は昨年の深刻な干ばつによって枯渇し、フランス、イギリス、スペイン、イタリアで記録的な高温に達しました。

冬の雨は通常地下水位を埋めますが、1月の地質鉱物研究局(GRGM)は、この夏の地下水の利用可能性について「かなり悲観的」であると述べました。

政府が国家水計画に取り組んでいるため、フランス南部の部門はすでに水制限措置を実施しています。

メテオフランスは、水曜日に国の南部で雨が予報され、乾季がそれほど長く続くとは予想されないと述べたが、繰り返しの乾季に対する懸念を提起した。

「フランスは憂慮すべき気象干ばつを経験している」と気象機関は言った。「2021年8月以降、2021年12月、2022年6月、2022年9月を除いて、毎月雨の赤字が見られます。」

個々の出来事は地球温暖化に起因することはできませんが、その再発は、人間の活動に関連する気候変動に関する国連の気候予測に続きます。

https://www.rfi.fr/en/france/20230221-france-goes-31-days-without-rain-raising-concerns-about-water-for-summer

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1702
Enable Notifications OK No thanks