フランス政府は、極端な夏の天候と戦うための措置を発表する

「予測、情報、保護」:フランス政府は、2022年の夏がいくつかの極端な熱波によってマークされた後、リスク上昇する気温に対処するための15ポイントの計画を提示しました。

今週の木曜日に政府の熱波計画を提示する際に、フランスの生態移行大臣、クリストフ・ベチュは「気候変動への適応に関しては、ギアを変える必要がある」と宣言した。

「一方では、この計画は既存の手順の標準化と体系的な実施に基づいており、他方では新しい慣行に基づいている」と彼は説明した。

大臣は、地球温暖化の影響はすでにフランスで感じており、今から2050年までの熱波の頻度と強度の増加は避けられないと付け加えた。

ベチューは、熱波は健康、仕事、社会生活、天然資源、森林など、「経済と日常生活のあらゆる側面」に影響を与えると強調した。

2050年までに熱波

2000年以来、フランスの熱波は1989年以前よりも5倍頻繁であり、30年間で2倍の頻度になります。

この点で、2022年は1,500以上の地元の熱記録が破られ、6月上旬から8月末までの33日間の極端な気温、6月15日から19日の間に記録された最も早い熱波でこの傾向を強調しました。

この問題に取り組むために、フランス政府は一般市民を対象としたキャンペーンを開始し、行う必要がある作業と家庭で採用すべき行動、および溺死を防ぎ、ペットの世話をするための「良いハウスキーピング」の実践を概説しています。

コミューンの涼しい場所や噴水の調査が実施され、一般に公開され、極端な天候の場合、輸送やテキストメッセージで予防メッセージが送信されます。

緊急対策、登録、ガイドライン

電力ネットワーク事業者のRTEとエネディスは、特に熱波や干ばつ時に停電を避けるために緊急チームを配置することにより、この夏から監視と対応のリソースを強化します。

脆弱な人々は、約14,000人が死亡した2003年の致命的な熱波以来、コミュニティ登録にサインアップすることが奨励され、過度の暑さが発生した場合に情報を提供し、支援することができます。

毎年のチェックは、学校の建物、特に試験会場でも行われます。

企業に関する限り、オフィスの温度を改善するために設計された対策と作業のガイドが導入され、熱関連のリスクに最も脆弱な分野で労働検査が強化されます。

最後に、天候の気まぐれにも左右される文化イベントやスポーツイベントの調査が各県で実施され、熱波が発生した場合に組織を適応させることを奨励します。

極端な天候が発生した場合、地域の知事はいくつかのイベントを延期またはキャンセルしなければならないかもしれません。

クリストフ・ベチュは、「今年は、指示とグッドプラクティスを発行する前に熱波が来るのを待つつもりはない」と結論づけた。

https://www.rfi.fr/en/france/20230608-french-government-unveils-measures-to-combat-extreme-summer-weather

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1521
Enable Notifications OK No thanks