気候変動による損失と被害:COP27に何を期待するか?(2/2)

気候変動に対して最も脆弱な国の歴史的な主力製品である、引き起こされた損害に対する財政的補償の問題は、11月6日から18日までシャルム・エル・シェイク(エジプト)で開催されるCOP27の公式議題で初めて優先される可能性があります。それは何についてですか?復号化の継続と終了。

成長する国、抵抗する国

損失と損害は、連合、Aosisを通じて自分自身を表現する約40の小さな島州の揺るぎない主力製品です。これらの島々はGHGの1.5%しか排出しませんが、混乱によって最も脅かされている地域の1つです。COPは、これらの海の人口にとって、バルバドスのミア・モトリー首相など、いくつかが吹き方を知っている比類のない響き板を表しています。

この戦いの最前線には、他の国のグループ(いくつかの連合に所属できる各州)があります:セネガルのマドレーヌ・ディウフ・サールが率いる後発開発途上国(LDCs、48カ国)のグループ。アフリカグループ(54カ国)は、特にこのCOPで非常に耳を傾けました。「アフリカグループは率直に言ってこのテーマのニッチに上昇しているようだが、それまでは適応にかなり動員されていた」とファニー・プティボンは観察する。

これら3つのグループ自体はブロックの一部であり、その中でも最大です。77+中国グループは、実際に135の新興国と発展途上国、またはアフリカ大陸を含む世界の7人の住民のうち6カ国と年間GHG排出量の4%未満を集めています。このCOPのために、グループはパキスタンが議長を務め、シェバズ・シャリフ首相はエジプトのサメ・シャクリーと並んでCOPの共同議長でもあります。

非網羅的なリスト。また、アイラック(ラテンアメリカとカリブ海)、脆弱な国のフォーラム(CVF、58カ国と15億人の住民)、または新興国グループ(LMDC)についても言及しています。交渉の中心で、少なくとも適応の資金調達と損失と損害のより少ない程度にプッシュすることを意図している非常に多くの力。なぜなら、これらすべてのブロックが同じ優先順位を持っていない場合、それに続くダメージに照らして進化するからです。

 

メールマガジン購読

 

先進国は少なくとも2つのよく識別されたグループに属しています。一方では影(米国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、ロシア、ノルウェー、アイスランド、日本、ウクライナ)と欧州連合として知られているグループ。彼らは南部の助けの必要性を認識していますが、すでに温暖化の緩和に取り組んでおり、適応(特に人道的および開発援助)にも豊富であり、戦いのこれら2つのレバーが活性化された場合、損失と損害を制限することが可能であると主張しています。したがって、彼らは追加資金の有用性を見ていない。

何よりも、誰もがパンドラの箱を開けることを恐れています:援助を「損失と損傷」とラベル付けすることで、これは法的な先例を生み出す可能性があります。そして、気候変動に対する彼らの歴史的責任が法的に認められた場合、影響を受けた国からの賠償請求が蓄積され、法案は塩辛い可能性があります。後者は時々歴史的な「借金」について話す。さらに、倫理的な議論があります:失われた命の価格を評価する方法?破壊された遺産の価値を理解するには?

歴史的な「汚染者」の側面では、これはまた、環境と移住の問題に特化した地質学者であるフランソワ・ゲメネが尋ねた質問を提起します:「先進国は気候変動に対する歴史的な責任を負っており、彼らは仮定しなければなりません:彼らの開発は主に化石燃料の搾取に基づいて構築されています[…]何年から責任を確立するのですか?人為的由来の温室効果ガスの排出が地球温暖化を引き起こしたのは1750年からでした。しかし、これらの排出量の結果が当時知られていなかった18世紀以来、国は排出量に責任があったと考えることができますか?さらに、現在の世代は両親や祖父母の行動に責任を負うことができると考えることができますか?これらの理由から、歴史的責任の範囲は、最初のIPCC報告書が発表された1990年に限定されることがあり、誰ももはや地球温暖化の現実を無視すると主張することができなかった時期と考えられています。「」

20の最も工業化された国は現在、温室効果ガス排出量の80%を占めています。米国は歴史的なカーボンフットプリントランキングのトップです(パート1を参照)。しかし、2010年以来、彼らは最も汚染された国のチャートで中国を先取りしている。「世界の工場」は現在、世界のCO2やその他のガスの27%を排出しています。この観点から見ると、それはまだ新興国ですか?「中国人の足跡は今やヨーロッパ人の足跡にかなり近い。この損失と被害の対象は、国を少し不快にさせ、中国があまり着用しない理由を説明している」とイドドリの気候プログラムのディレクター、ローラ・ヴァレホは言う。

民間セクターがドリルに呼ばれる

1年前のグラスゴーでのCOP26以来、ノーザンブロックでいくつかの違反が開かれました。サミットの開催国であるスコットランドは、ニコラ・スタージョン首相がCOPの冒頭で200万ポンド(230万ユーロ)の支出を発表したとき、気候ゴサを驚かせた。Giec気候の専門家によると、ニーズの海に水が滴るが、「高い脆弱性」気候にさらされている人類の半分にとって象徴的な第一歩である。ワロンはその後、100万ユーロをテーブルの上に置いた。「これら2つの国は本当にタブーを破った」と、NGOケアの損失と損害のケースに続くファニー・プティボンは要約している。

最後に、昨年9月、デンマークはEUに侵入し、損失と損害賠償のために1,340万ユーロを支払いました。しかし、コペンハーゲンでは「修理」の問題はなく、「助ける正しい方法を見つける」という問題があります。さらに、1,340万ユーロのうち、5つは「気候リスクに備える」ために個々の保険の展開を促進することを目的とした世界的なパートナーシップであるInsuResilience保険スキームに行きます。だから、実際には現場ではありません。

それ以来、10月7日にドイツのアナレナ・バーボック外相によって他の信号が発行されました:「ドイツは、気候適応の問題、特に損失と損害の問題を議題にすることで、COP27でコスト共有に取り組みます。「」

しかし、第二に、これらの公共のレバーによって、まず適応のために気候資金調達に貢献するために呼ばれているのは民間部門です。スコットランド、ワロン、デンマークの寄付は、欧州気候財団、児童投資基金、オープンソサエティ、グローバルグリーングラント基金、ウィリアム・アンド・フローラ財団が一緒に300万ドルで寄付しました。COP27の前夜、損失と損害賠償は多かれ少なかれ2000万ユーロの施しを受けた。

OECDによると、民間部門による気候(適応と緩和)に割り当てられた金額は、2016年から2020年の間に30%増加したが、現在は減少する傾向がある。全体として、銀行や投資家は、特に緩和とは異なり、投資収益率を約束しない地域では、新興国に資本を投資することに慎重です。「効果的な炭素価格設定の欠如[…]は投資家を減速させ、気候にやさしいプロジェクトにより多くの資金を向ける能力を圧迫している」とIMFの著者はメモで報告している。「投資家はまた、新興国や発展途上国の資産への投資に関連するリスクが高すぎるとしばしば信じています。」

期待とプレッシャーが大きいため、財務はこのCOP27の中心になります。オブザーバーにとって、南部への民間資金の流出の鍵は「革新的な手段」の作成にある。表現の背後には、化石燃料抽出税、金融取引の世界的な税、特にアントニオ・グテーレスが推進する超営利に対する税金、海上および航空部門からの排出量に対する税金など、さまざまな税提案があります。

「前四半期に2000億の利益を上げている石油会社のこのグロテスクな偶然があり、同時に、パキスタンの3分の1は約400億のコストで水中にあります。パキスタンがこの危機を克服するのを助けるために、これらの利益の4分の1を取ることができただろう」と、11月1日のオンライン記者会見で、バルバドス首相のビジネスマン兼経済顧問であるアビナシュ・ペルソーは言う。

「政府は、ウクライナのコロナ危機である戦争に対応するために、数千億ドルではないにしても数百億ドルを動員した。先進国の年間予算を見てください。それはお金の問題ではなく、何よりも政治的意志の問題だ」と、今日のE3Gシンクタンクで気候交渉の元プレーヤーであるオールデン・マイヤーは付け加えた。

別のアイデアは、国が気候災害の影響を受けたときに債務返済のモラトリアムを設定することです。「10年間テーブルの上にあった」という新しいアイデアは、2014年からCOPをフォローしているファニー・プティボンを回想させる。

 

COP27に何を期待しますか?

政治レベルでは、「COP26以来、[北の編集者のメモ]国は損失と損害の資金調達についての立場を取ることを余儀なくされている」と、被験者が自分自身を課したように、ファニー・プティトボンは強調している。それまで、米国はこの資金の反対者のための盾として機能していた。例えば、シャドウグループと後発開発途上国の間の仲介者として機能する欧州連合は、「むしろこれらの議論の背後にいました。彼女は森から抜け出すことを余儀なくされ、損失と損害に関する特定の財務メカニズムを望んでいない。「進歩の指標は、特にフランスと米国からの欧州代表団から来ており、議題項目の策定とこのテーマについて交渉される合意または協定を受け入れるかどうかを決定されます」と、国際環境開発研究所(IIED、パート1を読んでください)の研究者であるサイモン・アンダーソンは付け加えます。

フランス生態移行省では、9月末に「資金を提供する準備ができている」と述べ、「特にCOP27で具体的に行われる提案」を準備していることを確認しました。しかし、このためには、「最も適切な車両を見つけなければなりません。それは信託基金ですか?それとも、結果を最も見ることができる国に基づいて具体的なプロジェクトに資金を提供していますか?パリはギアを変えず、「むしろ2番目の選択肢に傾いている」。開館の2日前の11月4日、エリゼは、フランスは財政的補償を議論するために「オープン」であるが、「これらは見つけなければならない解決策であり」、「新しいファンドではない」と確認した。エマニュエル・マクロンは月曜日と火曜日に約125人の国家元首と一緒に出席します。

また、この枠組みの中で、COPで発表される気候リスクに対するグローバルシールドのドイツとガーナの合同イニシアチブ(それぞれG7とV20の大統領)を読まなければなりません。オブザーバーは、保険タイプの業務に移行する必要があるため、依然として疑わしい。「影響が最も大きい南部諸国の経済のほとんどは非公式です。例えば、農業活動や露天商の損失を確保するにはどうすればよいですか?私たちは、古いレシピが更新されたという印象を持っています」とファニー・プティボンドは逮捕します。

全体として、InsuResilienceなどの保険指向の資金調達は、あまり熱意を喚起しません。世界的な政治戦略国際気候行動ネットワークの責任者であるHarjeet Singhの目には、「影響を受けたコミュニティが必要とする本当の支援を忘れさせるための煙幕」です。気候分野におけるこの影響力のある市民社会の人格にとって、「保険は、海面上昇や砂漠化などの温暖化の長期的な影響に対する解決策ではない」。保険ツールは良好な政治的善意のしるしである、とLola Valejo de l’Iddriは言うが、「損失と損害の問題に対する十分な答えとは見なされることはない」。最後に、カリブ海の経済学者アビナッシュ・ペルソーにとって、「新興世界は、技術支援や保険の議論によってぼやけていると信じています。私たちにとって、グローバルシールドは気晴らしにすぎません。気候変動は保証できない。炭素税であろうと、化石燃料であろうと、石油会社の利益であろうと、これは資金調達のモザイクかもしれません。実際のお金が必要です。」

その間、国が損失と損害を補うのを助けるという原則は、たとえ今のところ言葉にしか支払わなくても、北部で溝を掘ることになりました。「私たちは次の一歩を踏み出し、世界が損失と被害をどのように管理するかについて本当の対話をしなければならない」とジョン・ケリーは先週の水曜日、10月26日に認めた。「したがって、私たちは国連プロセスの文脈で損失と損害に取り組むことに完全に賛成しています。欧州議会は、施設を創設する可能性を研究することを推奨することで、さらに進んでいます。

ソックをブロックする石は、確かに資金調達方法です。しかし、グローバルな文脈は特に不適切です。「グラスゴーCOPの未完成のプロジェクト、気候危機の悪化、炭化水素市場の緊張、景気後退のリスクは、特に困難なCOP27を示唆している」と、イフリエネルギー気候センターのティボー・ヴォイタは指摘している。これに加えて、アフリカでの化石エネルギー鉱床の発見を追加する必要があります – セネガル沖のガス、DRCの泥炭地の下の石油 – これらの国は、開発を確実にするためにうまく利用し、先進国の非難を無視するつもりです。

「損失と損害を行動させなければ、より多くの自信の喪失とより多くの気候被害につながります。これは無視できない道徳的義務であり、COP27は行動しなければならない」と10月3日にアントニオ・グテーレス国連事務総長に警告し、10日後に増加した。「先進国と発展途上国の間の信頼を回復するための決定的なテストになるだろう。」

https://www.rfi.fr/fr/environnement/20221104-pertes-et-dommages-dus-au-changement-climatique-que-faut-il-attendre-de-la-cop27-2-2

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks