女性と子供にとって貧困に耐えるのが難しい、とフランスの報告書は主張する

フランスでは貧困が悪化しており、女性と子供たちが最も苦しんでいる、とセコース・カソリックは年次報告書で警告した。

フランスの慈善団体Secours Catholiqueによると、2000年代まで、女性と男性は貧困になると同等の影響を受けていましたが、女性は現在、より不安定な状況に直面しています。

年次報告書では、1999年の52.6%と比較して、女性は現在慈善団体の受益者の57.5%を占めていることがわかった。

合計で、セコース・カソリックは昨年100万人を助け、食糧援助や社会支援などのさまざまなサービスの恩恵を受けました。

1人の成人で構成される世帯は、困っている人の75%を占め、シングルマザーの25.7%、独身女性の20.9%を占めていました。

彼らの多くは、別居や離婚後に助けを求めに来ました。

収入の減少

「女性は婚姻の崩壊の重みを負い、「あまりにも頻繁に子供だけに責任を負う」と組織は発見した。

49,250人の受取人のフォームからのデータは、2022年の人々の平均収入が月額538ユーロであったことを示した。

これは、すべての世帯のニーズを満たすために18ユーロの1日の予算を表しています。これは貧困のしきい値と見なされるものの50%未満である、と組織は述べた。

苦労しているフランスのフードバンクは、すぐに貧しい人々を追い払うだろうと警告している
食料とエネルギーの価格を押し上げたインフレを考慮すると、これは収入の7.6%の減少を表しています。

「最も貧しい人々はインフレに見舞われ、縄は引き締まされており、暖房や食料など、必ずしも見えないものの剥奪は大きくなっています」と、組織の一般代表であるアデライド・ベルトランはフランスの通信社AFPに語った。

貧困と戦うために、協会は社会的最低賃金をインデックス化し、政府支援スキーム(RSA)を拡張し、社会サービスをよりアクセスしやすくすることを推奨しています。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20231114-poverty-harder-to-bear-for-women-and-children-says-french-report

 

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks