ルノーは、銀行を壊さない電気自動車の計画を発表する

フランスの自動車製造大手ルノーは水曜日、2025年から20,000ユーロ未満のエントリーレベルの価格で新しい都市に優しい電気自動車を市場に投入する計画を発表しました。

同社の電気自動車部門アンペアの一部であるルノーレジェンドは、ヨーロッパで建設される予定です。

「妥協のない都市車両」は、現在市場に出回っている同様の車両の約10キロワット時と比較して、100kmあたり10キロワット時のエネルギー消費で効率を提供すると伝えられている。

アンペアは2031年までに7つの電気モデルを計画しており、そのうち毎年約100万台の車両が生産される予定です。

ロイターによると、車両は、トゥインゴとその電気バージョンが製造されているノボメストのスロベニア工場で生産される予定です。

作るの安い

ルノーは、より安価な内燃機関車の価格とより一致させるために生産コストを削減するため、電気自動車部門の売上高は2031年までに2倍以上の250億ユーロ以上になると予測しています。

燃焼エンジン車との同等性は、今後4〜5年以内に達成されるはずです。

安価な中国の電気自動車との競争の激化を回避するために、アンペアは2027年以降の製造コストを40%削減することを目指しています。

Ampereは、11,000人以上を雇用し、そのうち3分の1はエンジニアであり、電気自動車市場のヨーロッパのリーダーになることを目指していると述べています。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/international/20231115-renault-unveils-plans-for-electric-city-car-that-won-t-break-the-bank

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks