イスラム女性の水着にNG

パリの公共プールでイスラムの女性がブルキニと呼ばれる全身を覆ったタイプの水着を着用し入場しようとしたところ、「非衛生的」として入場を拒否されたことが、フランスで論議をよんでいる。

女性はイスラム教徒に改宗したフランス人女性35才。入場拒否は宗教差別として提訴する構えだ。

プール側は、「宗教は関係なく、衛生上衣服を着用したままの入場は禁止されている。ひざ上の半ズボン水着なども認められない」としている。

「公衆衛生の問題」、「宗教差別」と賛否両論で論争は炎上しそうだ。

イスラムの女性が顔を覆うスカーフ、ブルカについてはサルコジ大統領が着用すべきでないとする内容を、先日上下両院の前での演説で行い物議を醸しているし、調査委員会も設置されたばかり。

ブルカについても、宗教差別という認識ではなく、「フランスでは女性の自由が奪われることは認められない」とする意見もけっこうあるようだ。

今回のブルキニ拒否は、ブルカ是非を問う中、フランス人の気持ちが如実に表れたようだが、これが氷山の一角なのか、今後の動きに注目したい。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  2. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  3. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  4. フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  5. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial